ここから本文です

羽多野渉&神尾晋一郎 ストレス解消にカラオケと涙活

6/7(金) 18:25配信

TOKYO FM+

秘書見習いの男子「エル(CV:神尾晋一郎)」「アル(CV:羽多野渉)」の二人が、リスナーのさまざまな悩みやストレスを“包容力のある言葉”や“甘い声”で解消していく癒し系プログラム「見習い秘書のエルとアル」。新放送サービスi-dioのチャンネル「TS ONE」と5道府県のFM局でお届けしています。5月5週目の放送では、女性リスナーから届いた“ストレス解消”に関する相談に、L(左)チャンネルからエル、R(右)チャンネルからアルが、時に力強く、時に甘い言葉でアドバイスしました。

今回、番組で取り上げた相談は、『散財することでストレスを解消してしまう』というもの。「たしかに買い物をするとストレスは解消すけど、要らない物が貯まっていくのは切ないね」と、このリスナーの心情に寄り添ったエルとアル。さらに、それぞれの中の人が行っているストレス解消法にまで話が及びました。

エルの中の人:カラオケかな。大きな声で叫んだり歌ったりしたら、割とスッキリすると思うけどな。

アルの中の人:何かを出すという意味では僕も近いかもしれませんが、“涙活”です。映画やドキュメンタリーを観て泣きます! 猫と暮らすようになってから、動物系のドキュメンタリーが激弱になっちゃった。クライマックスよりもはるか手前でグっときて、涙が止まらなくなりました。

エルの中の人:大事! 僕もこの間、「名探偵コナン」の映画を観に行ったんですけど、一人で泣いてしまって。一緒に観に行った人に「何で泣いてんの!?」、「お前だけだよ」って(笑)。

ある一定の年齢に達すると涙腺が弱くなるという二人。今回の相談に対する解決策としては、アルが「あなたは、そのままでいいよ。同じお金なら、誰かへのプレゼントに使うのはどうかな?」と買い物は否定せず目的を変えるように提案。エルは「外出するときは、カードを持たない。現金も少な目に。必要のないものまで買ってしまうなんて、切ない」と買い物自体を見直すように促しました。

(「見習い秘書のエルとアル presented by 支払秘書」より)

最終更新:6/7(金) 18:25
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事