ここから本文です

4人で再スタートの純烈 逆風切り裂き絶好調 新曲グループ最高初週3位

6/8(土) 10:00配信

デイリースポーツ

 1月にメンバーの女性トラブルと金銭問題が発覚し、4人で再スタートを切ったムード歌謡グループ・純烈が、逆風を切り裂いて好調だ。メンバーが減って、パワーもダウンするかと思いきや、さにあらず。新体制で初となるシングル「純烈のハッピーバースデー」が、グループ最高の初週成績で船出した。昨年末のNHK紅白歌合戦初出場から、わずか数日でどん底に突き落とされた雑草たちの現在地はどこなのか。5月下旬、主戦場とする健康センターでの公演を追いかけ、4人を直撃した。

  ◇  ◇

 週末の昼下がり。東京・台場にある大江戸温泉の宴会場には、メンバーカラーのサイリウムが揺れていた。冒頭から2曲をしっとりと歌い終え、MCに入った純烈は“絶口調”だった。

 リーダーの酒井一圭(43)は「男のパンツ見たないねん!!ふざけんな!!」と早速、前列への客いじりを開始。ドッと会場が沸く。

 メンバーきってのイケメン、白川裕二郎(42)が自身のおバカキャラをネタにすれば、最年少の後上翔太(32)は喫煙していることを指摘され、クビを通告されるのが鉄板ネタ。タレント・LiLiCo(48)の夫としても知られる小田井涼平(48)が全体をまとめ、緩急自在の爆笑トークで、気づけば3曲しか歌っていないのに35分が過ぎていた。

 ステージを降り、1人1人と握手しながら歌う代名詞の「ラウンド」では、ファンがタオルを差し出し、メンバーが汗をぬぐって返すのが恒例。ここでも一筋縄ではいかないのが純烈で、小田井は股間を拭いて返すなど暴走。時間が経過するごとに笑顔の輪が広がり、どんどん会場の温度が上がっていった。

 デイリースポーツが取材していることを知っているメンバーは、今年から1人暮らしを始めた唯一の独身、後上の女性の影をネタにし、酒井が「(交際が分かったら)すぐにデイリーさんに伝えます」とリップサービスも欠かさない。最後の一曲を歌唱中に震度4弱の地震が起きるハプニングもあったが、それすら笑いに変えつつ、1時間半の公演を終えた。以前よりも最前列の位置を前にし、超満員の450人を動員する人気ぶりだった。

 昨年末にNHK紅白歌合戦に初出場。夢をかなえた、わずか9日後に人気メンバーだった友井雄亮さん(39)が女性トラブルと金銭問題を報じられ、芸能界を引退した。いきなりの逆噴射。グループが終わってしまってもおかしくなかった。

 先行き不透明なまま5月に発売した4人体制で初のシングル「純烈のハッピーバースデー」だったが、ふたを開けると、発売週のオリコン週間ランキングでグループ過去最高の3位を記録。酒井は言う。

 「あそこで解散したり、くたばってしまうことになってはならないし、純烈を存続させるという流れの中で多くの方が手をさしのべてくれました。とにかく応援してくれた方たちをこれ以上がっかりさせたくないと、地に落ちた状態から、どれだけ這(は)い上がっていけるか諦めない姿勢を見せることしか僕らはできなかった。恩返しという意味も含めて、大きな目標として2年連続の紅白歌合戦に出場したいです」

 見放さなかったファンへの思いが、原動力となっている。

 紅白出場後の今でこそグリーン車で移動する機会も増えてきたが、追っかけるファンたちは値段の安い新幹線「こだま」で移動するなど、身を削って応援を続けてくれている。

 白川 「東京から群馬まで原付で来てくれた方もいました。しかも、自作のラッピングでチラシとか顔写真を貼り付けて、ピザーラみたいな感じできてくれて」

 酒井 「そういう、最初から応援してくれている方が楽しくなるようにはしてます。株主特典。隠語、犬笛で、数人しかそれは聞き取れないんですけど『初見のやつにわかってたまるか』みたいなところもありますから(笑)」

 後上推しの婦人が「元気なマダム」として情報番組に呼ばれるなどファンが有名人になる現象も起きている。

 後上 「趣味につかったお金が3000万円とか取り上げられて。新曲のPV撮影にも来て下さったんですが、その方だけは(情報番組の)『ヒルナンデス』からの1日2現場。特典会をやると、その人の前にも列があって『写真撮ってって言われちゃったのよ』って言ってました」

 酒井 「そのファンの方が離れた時点で、後上も卒業です」

 軽妙なやりとりで、寄席のように笑いを誘うグループカラーは今でも変わらない。「僕らの状況を知ってくれていて、初めて行くような地方でも『頑張ってください』と言ってくださる方に会うんです」と酒井。逆風を経て、世間の風当たりは、むしろ応援の機運へと転化されている。

 今年は初めて夏フェスに参戦。9月14日には氣志團が主催する「氣志團万博」のウェルカムアクトを務める。氣志團からオファーがあったのは騒動後。記者が氣志團ファンの愛称が「キッシーズ」だと伝えると、酒井は「純烈のファンには、名前がないんですよ。健康センターおばちゃん。じゃあ、今日、ぶちあげます!!」と瞬時に答えを導き出した。

 「純子と烈男!!」

 白川が「昭和!!」と突っ込むなどワイワイとし、酒井は「この後の公演でみんなに言います」とニヤリ。その後の公演で有言実行し、SNSでも既成事実化した。即断即決。タブーなき行動力に純烈の強さを見た気がした。

 ◆純烈(じゅんれつ)グループ名は「純粋であり、かつ強く正しく節操や分別がある」「志を変えずに最後まで貫く」という意味を込めて命名された。2007年にケガのため入院した酒井が、夢で内山田洋とクールファイブに出会ったため、何かのお告げと信じてムード歌謡グループを構想。戦隊ヒーローや仮面ライダー出身者を中心に6人組グループとして結成した。10年にデビュー。健康センターを活動拠点とし、スーパー銭湯アイドルと呼ばれる。

最終更新:6/8(土) 10:27
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事