ここから本文です

Nosuke がん治療一旦終了 経過観察に「がんとの付き合いは一生物」

6/8(土) 21:36配信

デイリースポーツ

 精巣がんによる胚細胞腫瘍で闘病中のドラマー、Nosuke(29)が8日、ブログを更新。7日の診察で経過が良好で、腫瘍マーカーでの数値も少しずつ下がっており、「経過観察という段階に至りました」と報告した。病院での治療はいったん終了ということになるという。

【写真】Nosukeの背中に優しく手を添える妻misono

 今後は「再発防止のために食事や運動で免疫力の高い体を作っていくために、これからも予防につながりそうな事を続け」ていくという。

 Nosukeは昨年11月、精巣がんで左の睾丸を摘出。その後、抗がん剤治療などで15センチの大きさだった胚細胞腫瘍が摘出可能なサイズにまで小さくなったため、5月9日に摘出手術を受け、同21日に退院している。

 この日のブログでは、改めて「発見のタイミング、主治医との出会い、周りの沢山の方々のサポート、そしてブログやSNSを通して応援してくださる皆様…僕がここまで回復したのは僕一人では到底出来なかった事で、持ち合わせた“運”も含めて本当に奇跡が起こり続けていると思っております」とあらゆることに感謝。「病院での治療は一旦終わったという事になりますが、がんとの付き合いは一生物だと思っております」「これからも真剣にがんと向き合っていこうと思います」と今後も油断せずに病と闘っていく決意を記している。

最終更新:6/8(土) 22:31
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ