ここから本文です

「就職はミドルリスクなギャンブル」プロギャンブラーがひとりで働くワケ

6/8(土) 14:12配信

DANRO

「お金を欲しがると死ぬまで仕事をさせられる」

──現在の仕事について教えてください。

のぶき:メインの仕事は講演です。週に1度のペースで、これまで300回以上話してきました。依頼主は幅広く一般企業、イベント屋さん、ロータリークラブや商工会議所のような団体、教育機関などです。テーマも多岐にわたり、ビジネス、ギャンブル、生き方、働き方、夢など、それぞれの「勝ち方」を軸に講演しています。

──とはいえ、今でも海外のカジノへ行けば楽に稼げるわけですよね。自分のためにギャンブルをやりたいという気持ちはまったくないのですか?

のぶき:僕の最終的な目標は、ボランティアの政治家です。そのためにこれまでの人生すべてを賭けてきました。今、そのレールに乗れる可能性が見えてきたのです。もし今ギャンブルをやっちゃうと、周りの人から「お前は何がしたいの? 政治家になりたいんじゃないの?」と疑われますよね。

だから、ギャンブルの世界に戻るつもりはありません。もし戻るとしたら、僕という「コマ」が日本に受け入れられなかったという、人生の勝負に負けた時です。

──なぜ政治家になりたいのですか?

のぶき:根本にあるのが政治不信です。今の日本、本当に信じられる政治家がわかりません。でも飲み屋で「今の日本の政治は最低だ」と文句を言っても、変化はなく無意味ですよね。だから自分が政治家になって、日本をもっとよくしたいと決意したわけです。ボランティアで働く政治家は、少なくとも信じられますし。

時間、目標、お金を自由にできるのが最大のメリット

──ひとりで働くことのメリットは?

のぶき:前回もお話しましたが、人生の3つの軸である時間、目標、お金を、すべて自分ひとりの判断だけで自由にできることです。目標を達成するために、お金は必要な分だけ稼げばいいし、時間も好きに使えるというのはひとりならではですよね。これ以上のメリットはありません。

──お金に関しては、どのように考えていますか?

のぶき:みんなお金をたくさん欲しがりますが、それだとお金というシステムにだまされて人生が終わります。自分が幸せになる分だけ稼げればいいのです。その金額がわかっていればそれ以上稼ぐ必要はまったくない。

──でも、僕もそうですが、「お金は多ければ多いほど安心」という人が多いですよね。

のぶき:それはお金のトラップにはまってます。必要以上のお金を稼ぐには必要以上の時間がかかりますし、必要以上のお金を持つと、余計なトラブルに巻き込まれるリスクが高くなります。そして、お金を多く欲しがると、死ぬまで仕事をさせられることになります。逆に、お金の束縛から自由になると、毎日が楽に楽しくなります。

──のぶきさんが必要とするお金は月にいくらくらいですか?

のぶき:家賃・光熱費・食費など必要最低限の経費を含めても、月に15万円で幸せな生活ができます。もともとミニマリストだから、物をめったに買わないので、お金をつかわないんです。だから、無理に仕事を増やす必要もないわけです。

月に15万を稼いだら、残りの時間は自分の目標を達成するため、つまり政治家になるための時間に充てています。必要な分を稼げたら残りの時間を学びに充てるというのは、ギャンブラー時代から実践しています。

──ひとりで働くことに関して将来的な不安は?

のぶき:確かに個人で仕事をしていると、来年どうなっているかなんて全然わからないですが、不安はゼロですね。お金になる策を複数もてば、リスクを回避できますので。もし講演依頼がなくなったり、政治家への夢が絶たれたりしたら、またギャンブルの世界に戻れば稼げますから。例えば自分で講演やセミナーを主催するのもアリです。カジノでの勝ち方、スピーチの仕方など、これまでの経験から教えられることはたくさんあります。それ以外でも営業が大好きだし得意なので、営業職に就いても稼げる自信はあります。

結局、将来は現在に至るまでの積み重ねで決まります。事実、講演をするつもりなんて全然なかったけれど、本気でギャンブルをやっていたら、なぜか講演家になれました。このまま本気で講演をやり続けていたら、政治家を含めてまた次の新しい何かになれる。だから自分の将来にワクワクしまくりですよ(笑)。

山下久猛(やました・ひさたけ)
1969年愛媛県生まれ。アラフィフ独身のフリーランスライター・編集者にしてDANROの愛読者でもある。某呑み会で編集長に直訴してDANROライターに。人物インタビューを得意としており、雑誌・Webの他、仕事紹介系書籍の執筆や、経営者本の構成も数多く手がけている。趣味は居酒屋巡りと写真撮影とスクーバダイビング。

2/2ページ

最終更新:6/8(土) 22:43
DANRO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事