ここから本文です

神戸が吉田監督の退任を発表…後任はバーゼルなどを指揮したフィンク氏

6/8(土) 13:35配信

SOCCER KING

 ヴィッセル神戸が8日、吉田孝行監督の退任とトルステン・フィンク氏の新監督就任を公式HPで発表した。

 42歳の吉田氏は、4月17日からフアン・マヌエル・リージョ元監督の退任を受けて神戸の監督に復帰していた。しかし、チームを立て直すことは出来ず、神戸は現在降格プレーオフ圏のベガルタ仙台と勝ち点差「1」の13位となっている。

 公式HP内には吉田氏のコメントが掲載され、「ファン・サポーターの皆様、このような結果に終わってしまったことを深くお詫び申し上げます。クラブ、選手・スタッフ、ファン・サポーターの皆様には感謝しかありません。(選手時代も含めて)12年間、共に喜びや苦しみを味わってきた皆様とお別れするのは寂しいですが、本当にありがとうございました。これからも引き続き、ヴィッセル神戸をよろしくお願いします」とクラブへの感謝の気持ちを述べている。

 フィンク新監督は就労環境が整い次第チームの指揮を取ることになる

 神戸の新体制は以下のようになっている。

▼監督
トルステン・フィンク ※新任

▼ヘッドコーチ
セバスチャン・ハーン ※新任

▼アシスタントコーチ
マルコス・ビベス
モラス・雅輝 ※新任

▼GKコーチ
アレックス

▼フィジカルコーチ
ニコラ・ヴィドヴィッチ ※新任
咲花正弥

▼コンディショニングコーチ
田中章博

SOCCER KING

最終更新:6/8(土) 13:35
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事