ここから本文です

1枠となった愛知代表争い。名経大高蔵が制し、2年ぶりのインターハイへ!

6/8(土) 15:13配信

ゲキサカ

 8日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)愛知県予選決勝が行われ、県新人戦優勝の岡崎城西高と名経大高蔵高が激突。名経大高蔵が1-0で勝ち、同大会初優勝と2年ぶり2回目の全国大会出場を決めた。

 インターハイの規模縮小に伴い、出場枠が昨年までの2から1となった愛知県予選の決勝は序盤、名経大高蔵がトリッキーな動きで相手を翻弄する注目MF岩松虎徹(2年)やMF木下大輔(2年)、MF玉腰耀(2年)の個人技を活かした仕掛けなどから押し込む。そして9分、岩松の左CKに飛び込んだCB沢田一颯(3年)が先制ヘッド。対して、序盤、受けに回ってしまった岡崎城西もボール保持の時間を徐々に伸ばして反撃する。

 そして、MF江澤志遠(3年)のスルーパスからFW細野晃平(2年)が決定機を迎え、後半にギアを上げたエースMF小椋遥矢(3年)が鋭いドリブルDF前に潜り込んでシュートを連発する。

 だが、名経大高蔵はGK古橋宙人(3年)がファインセーブで立ちはだかる。また、相手の立て続けの仕掛けにCB矢田丈翔主将(3年)や沢田、そして抜群の運動量を持つ右SB大屋哲平(2年)が対応し、決定打を打たせない。

 名経大高蔵は押し込まれた時間はシンプルにクリアしつつ、良い形でボールを奪った際にはポゼッションからの崩しやカウンターにもチャレンジ。岡崎城西はアディショナルタイムに小椋の突破から交代出場FW赤澤直弥(3年)が決定機を迎え、ラストプレーで右SB大畑楓稀が直接FKを狙ったものの、決めきることができず、名経大高蔵が全国切符を獲得した。

最終更新:6/8(土) 15:13
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ