ここから本文です

グッド・トイアワード受賞 玩具「みんなともだちカロム」

6/9(日) 10:32配信

福島民報

 いわき市の建築デザイン業者や家具製作業者らが東日本大震災の産業復興に向け作った玩具「みんなともだちカロム」が、グッド・トイアワード二〇一九を受賞した。

 製作に関わった、みんなともだちプロジェクトいわき支部代表の原田由香さん(54)と横山デザインハウス社長の横山利雄さん(64)、平産業社長の安島淑さん(66)が六日、いわき市役所を訪れ、清水敏男市長に報告した。

 みんなともだちカロムは、木製のボードゲーム。おはじきとビリヤードを合わせたようなルールで、円形の駒を指ではじき、別の駒を四隅の穴に入れて遊ぶ。多世代が楽しめるのが特徴という。震災の発生した二〇一一(平成二十三)年から販売している。

 グッド・トイアワードは、国内で販売されている玩具の中から優れた品に贈られる。今年は全国で四十数点が選ばれ、五月に東京都内で式典が行われた。

 原田さんは「多くの人にみんなともだちカロムを使ってもらいたい」と述べた。価格は二万三千百円(消費税込み)。インターネットショップで販売している。ショップには「みんなともだちショップ」のキーワードで検索し、アクセスできる。

最終更新:6/9(日) 10:32
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事