ここから本文です

松本人志、カラテカ入江の闇営業問題で「ノーギャラ」との主張に「正直言うとない。何らかのお金は出ている」

6/9(日) 10:12配信

スポーツ報知

 「ダウンタウン」の松本人志が9日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演。お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也(42)をが大規模振り込め詐欺グループの忘年会に出演し、事務所を通さずにギャラを受け取る「闇営業」を仲介したとして、吉本興業から契約を解除された問題について見解を示した。

【写真】「闇営業は、ホンマ食ってかなアカン」と漏らしていたあの芸人

 忘年会には雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号、2号の田村亮らも出席。入江、宮迫らはツイッターで「ノーギャラ」で出席したと釈明しているが、松本はノーギャラについて「正直言うとないと思いますね。何らかのお金は多分出ていると思う。それがどういうふうに分配されたのか分からないね」と断言した。

 その上で「宮迫でいうとそのお金どうこうじゃなくて、入江に頼まれてえぇよって顔出したんだろうなって推測できます」とした。「でも、一切お金が出ずにあれだけのパーティーというかサービスするっていうのはないと思う。正直言います」と繰り返していた。

 その上で松本は「かばう気ないけど」とした上で入江から「連絡があって、ちょっと顔出してくださいよ」と言われたら「行く可能性は正直ありますね。お金はボクはもらわないやろうけど。非常にこれは難しいところです」と明かしていた。

 さらに入江と電話で話した事を明かし「これはお前が悪い。ペナルティとしてしょうがない。おとなしくしとけとしか言えなかった」と伝えたという。他の出席した芸人は厳重注意だが「他のメンバーは皆さんがどう判断するか。これは吉本興業が判断することで松本興業としてどうしようもない」と笑わせていた。

最終更新:6/9(日) 14:20
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事