ここから本文です

広島、会沢適時打&広輔の犠飛で逆転成功 鷹3連戦で初めてリード奪う

6/9(日) 15:22配信

デイリースポーツ

 「交流戦、広島-ソフトバンク」(9日、マツダスタジアム)

 広島が1-2の四回に会沢翼捕手の適時打と田中広輔内野手の犠飛で2点を奪い、逆転に成功した。

 先頭のバティスタ、鈴木、西川が3者連続で四球を選び無死満塁。会沢は松本の3球目を左前へはじき返し、同点に追いついた。「打ったのはツーシーム。何とか食らいついていきました。ランナーをかえすことができて良かったです」とコメントした。

 なお無死満塁で、田中広は松本の直球を中堅へ放ち、三走・鈴木が生還。「チャンスだったので、積極的にいきました。最低限の仕事ができて良かったです」。1点を勝ち越し、この3連戦で初めてリードを奪う形となった。

最終更新:6/9(日) 15:32
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事