ここから本文です

巨人・原監督、若林の本塁打&2盗塁にご満悦「さらに上に駆け上がって」

6/9(日) 19:44配信

デイリースポーツ

 「交流戦、巨人11-3ロッテ」(9日、東京ドーム)

 巨人の若林晃弘内野手が2号本塁打と2盗塁と打撃、走塁で原監督にアピールした。

【写真】復活勝利のエース 頭を下げて女房役に感謝

 四回には石川から右中間へ、7日のロッテ戦以来2試合ぶりの本塁打。八回先頭で打席へ。四球で出塁すると、1死後、2ボール2ストライクからの4球目に二盗を決め、続く5球目にも三盗を試み、捕手の細川は投げられず。この回5得点のビッグイニングにつなげた。

 父は元大洋ホエールズでプレーしていた憲一氏。父親を越えるプロ2本塁打を放った晃弘の活躍に原監督は「パンチ力もあってね。守備力もあるし、足もあるというところでね。これをスタートラインとして、さらに上に駆け上がってほしいですね」とご満悦だった。

最終更新:6/9(日) 21:17
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事