ここから本文です

ガガガSP、氣志團、銀杏BOYZ、サンボマスター…オナマシ20周年フェスに性なる仲間が集結

6/9(日) 18:00配信

オリコン

■20年目の浮気くらい大目に見てほしい

 最強、もしくは最凶の5バンドが10月22日、豊洲PITの同じステージに立つ。想像しただけでもシビれる。奮えてくる。ムダにコソコソ20年やってきた甲斐があった。

 ライブハウスから野外ステージ、日本武道館、東京ドーム……と羽ばたいていったバンドたち。オイラは陰でこっそり彼らを「ティッシュ卒業生」「ティッシュ出身バンド」と呼んでいる。一生、言い続けるつもりだ(笑)。

 オナマシだけが20年前と変わらずラママを守り続けた(?)。ま、出入り禁止ばかりで、他に行く場所がどこにもなかったっていうのが本当の話なんだけれども(笑)。だから、20年目の浮気くらい大目に見てほしい。豊洲のPIT? ワクワク&ゾクゾクする。もちろん、オナマシ史上最大のステージ。

 まだノープランで不安しかないティッシュフェス。でも、広い会場を真っ白なティッシュまみれにしてやるじぇい!ということだけはハッキリしている。ローションは……。ふふふ。ま、どんなことになるのやら? それはまさに神<紙>のみぞ知る、といったところか?(上手いっ!?)。

■オナマシメンバーコメント

 そんなイノマーをこの4バンドよりもそばでずっと支えてきたのがオノチン(G)とガンガン(Dr)の二人だ。スポークスマンのイノマー以外からのレアコメントも入手できたので紹介する。

「正直なんだかまだ全くピンとこないというのが本音なのですが、当日遅刻だけはしないように前日のオナニーは控えようと思います!!(笑)。えっ?? オナニーの大会じゃないんすか?? なーに~やっちまったなぁ~byクールポコ。生死をかけてがんばりますので、皆さん応援よろしくお願いいたします!! 終わったら速攻オナニーします!! TENGAサイコー!!」オノチン

「“四十不惑~五十にして天命を知る”。本当に大変だった時、本当の意味で手をさしのべてくれたのはイノマーとオノチンでした♪  二人のためにも頑張ろうと思います(^^)/ 10月22日は見ないと損しますよぉ~。豊洲PITでお待ちしてまぁ~す♪」ガンガン

2/2ページ

最終更新:6/11(火) 11:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事