ここから本文です

【悲劇】母の日と比べて父の日は何もしない人が多いワケ

6/9(日) 12:20配信

ファイナンシャルフィールド

6月16日(日)は父の日ですね。ギフトの準備はお済みですか?「父の日に何を贈ればいいのかわからない」「予算がぜんぜん決まらない」とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、まくら株式会社が運営する父の日に特化した情報ポータルサイト「父の日.jp」が発表した、「父の日ギフトに関するアンケート調査」(※)の結果を見ていきましょう。

そもそもみんな父の日にギフトを贈っているの?

【父の日にギフトを贈りますか?】
1位:とくに何もしない          38%
2位:毎年贈っている           37%
3位:毎年ではなく、ときどき贈っている  19%
4位:ギフトではなく気持ちだけ伝えている  6%

かなりの僅差ではありますが、父の日に「とくに何もしない」という人が一番多いという結果になりました。何もしない派と毎年贈る派がほぼ同数という興味深い状況です。総合すると、父の日になんらかのギフトをもらったことのあるお父さんは、56%ということになります。

ちなみに、母の日についての調査結果については以下のとおり。

【母の日にギフトを贈りますか?】
1位:毎年贈っている           53%
2位:毎年ではなく、ときどき贈っている  26%
3位:とくに何もしない          15%
4位:ギフトではなく気持ちだけ伝えている  6%

毎年贈るという人が、半数を超える結果に。母の日になんらかのギフトをもらったことのあるお母さんは、80%近くになりました。一般的に、お父さんよりもお母さんのほうが、ギフトを贈りやすいという雰囲気があるのでしょうか。

父の日ギフトの予算について

では次に、ギフトを選ぶ上でポイントとなる父の日ギフトの予算について見ていきましょう。

【父の日ギフトにかけてもいい金額はいくらですか?】
1位:3000円未満      28%
2位:4000~5000円未満  21%
3位:3000~4000円未満  15%
4位:5000~8000円未満  12%
5位:金額は問わない    8%
6位:8000~1万円未満   7%
7位:お金をかけない    5%
8位:1万~3万円未満     4%

1位は3000円未満という金額に。この調査ではおよそ6割強の人が、5000円未満に収めたいと考えていることがわかります。高価なものを贈ると気を遣わせてしまうという思いもあるのかもしれません。

なかには、金額は問わないという太っ腹な人も。お父さんの喜ぶ姿が見られれば多少お金をかけてもいいということなのでしょうか。

1/2ページ

最終更新:6/9(日) 12:20
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事