ここから本文です

ただいま来日中! 名手の慣性と最新テクノロジーが融合したトム・ワトソンの14本

6/9(日) 11:32配信

みんなのゴルフダイジェスト

日本で開催されている米シニアツアー「マスターカード・ジャパン選手権」。そこに出場しているトム・ワトソンのセッティングを公開!

アイアンは3番から。ただしユーティリティで打ちやすさも確保

まずドライバーのヘッドは「エピックフラッシュ サブゼロ」のトリプルダイヤモンド。最新モデルエピックフラッシュの、洋ナシ形状の限定仕様で、石川遼が現在使用しているのと同モデルだ。

ウッド類はドライバーを含めて3本。アイアンが「3番から」の極めてオーソドックスな往年の名手らしいセッティングだが、3~5番はユーティリティアイアンを選んでいる。ベテランならではの感覚を生かしつつ、今のテクノロジーの恩恵も受ける。そんなバランス感覚を感じさせる。

セットのアイアンは6番からPWまでの5本。そこに50度、56度のウェッジを加えている。

特徴的なのはパターのシャフトだ。「スタビリティシャフト」はとにかくトルク(ねじれ)が少ないという最新モデル。インパクトでフェースの向きが変わらないのが魅力だという。

シニア選手の中には、こだわりのギアを長く使い続ける、あるいは“変えられない”という選手もいるが、ワトソン流の感性を生かしつつ、最新クラブの恩恵も十分に受けるという柔軟な14本は、ベテランゴルファーならば、参考にしたいセッティングと言えそうだ。

ただし、スペックは今年70歳になることを考えると相当ハード。その衰えのなさ、さすがはメジャー8勝の名手の中の名手だ。

【トム・ワトソンの14本】
1W:キャロウェイ エピックフラッシュ サブゼロ トリプルダイヤモンド(10.5度、ディアマナDF60、S)
3W:キャロウェイ エピックフラッシュ(15度、スピーダーエボリューションV 757、S)
2U:キャロウェイ ローグ ユーティリティ(17度、プロジェクトX イーブンフロー 65、6.0)
3U:キャロウェイ APEXユーティリティ(21度、XP95、S300)
4U:キャロウェイ APEXユーティリティ(24度、XP95、S300)
5U:キャロウェイ Xフォージド ユーティリティ(27度、XP95、S300)
6~PW:キャロウェイ APEXアイアン(XP95、S300)
50・56度:キャロウェイ マックダディ4(XP95、S300)
PUTTER:オデッセイ VERSA #7ブラック(スタビリティシャフト )

みんなのゴルフダイジェスト編集部

最終更新:6/9(日) 11:32
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事