ここから本文です

不倫は家計にも悪影響?いいことは1つもない、夫の不倫への対処法

6/9(日) 19:15配信

LIMO

「最近、なんだか夫が怪しい…」と感じたとき、あなたはどう対応しますか? 思い切って問い詰める、証拠を集める、気付かなかったふりをするなど、さまざまな選択肢が思い浮かぶのではないでしょうか。

「うちの夫に限って不倫はない」と信じていたのに、実際はがっつり不倫していた…なんて可能性もゼロではありません。万が一のときに備えて、不倫事情や対処法を学んでおきましょう。

社内の恋愛トラブルの3割は「社内不倫」

「夫はいつも仕事で忙しいから、不倫をする暇なんてない」という考えは、必ずしも事実であるとは限りません。というのも、職場で不倫しているケースも少なくないのが現状なのです。

日本法規情報㈱が社内恋愛に関する調査を行った結果、『職場恋愛で自分または知人がトラブルに遭ったことはありますか?』に対して『ある』と回答した割合は25%でした。そのトラブルの内容は以下の通りです。

1位 社内不倫(31%)

2位 別れた後気まずくて仕事が手につかない(20%)

3位 三角関係(19%)

4位 当事者の行動により仕事のモチベーションが下がった(12%)

このように、社内不倫はほかのトラブルよりも高い割合を示しています。毎日夜遅くまで仕事しているからといって、「絶対に不倫をしていない」とは断言できないのが現実なのかもしれません。

妻が不倫に気付くきっかけとその後の対処法

「女の勘は鋭い」とはよくいいますが、実際にはどのようなきっかけで不倫が明らかになるのでしょうか。不倫を見抜いた経験がある女性に、当時のことを振り返ってもらいました。

・「『飲み会が終わって駅を出たものの、朝まで外で寝ちゃったよ』と言いながら帰ってきた夫。昨夜は大雨だったのに、スーツはまったく汚れていませんでした。

『じゃあなんでスーツが綺麗なの?』と問い詰めると、『職場の女の子とホテルに行った』と白状。もともと浮気は許せないタイプだったので、話し合いの末に離婚を選びました」

・「以前まで職場の女の子の話をよくしていた夫が、急にぱったりと話題にしなくなったのがきっかけでした。私はもともと夫と同じ会社に勤めていたので、職場の話はしょっちゅうしていたのに。

不審に感じていたところ、共通の知人が『実は…あなたの夫、浮気してるよ』と教えてくれました。急に女の子の話をしなくなったのは、やましい気持ちがあったからなんでしょうね。離婚はしませんでしたが、相手の女性には慰謝料をもらい、自ら退職してもらいました」

不倫を隠すための言動が、かえって妻の勘を働かせたパターンでしたね。毎日顔を合わせる夫婦だからこそ、ちょっとした矛盾や違和感に気が付きやすいのかもしれません。

1/2ページ

最終更新:6/9(日) 19:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ