ここから本文です

1日たった5分!お腹痩せと腰痛に効くストレッチ

6/9(日) 20:15配信

All About

◆腰痛解消ストレッチでお腹もダイエット

体が冷えたり、ずっと同じ姿勢を続けていたりすると、腰が重く感じられ、腰痛予備軍が増えてきます。「まだ大丈夫」と思い何もケアをしないでいると、ある日突然激痛を伴うギックリ腰になる可能性も。

そもそも腰痛は、二本足歩行をするように進化した人間にとっては、切っても切れない病気とよくいわれます。背骨は25個の椎骨でつながり、筋肉が支えていますが、かなり不安定な構造で上半身を支えている状態なのです。内臓疾患やストレスなどが原因になる場合もありますが、主な原因は下記2つ。

●血行不良によるもの
・デスクワークで同じ姿勢
・キツイ下着をいつもつけている
・冷え性

●筋力低下によるもの
・加齢や運動不足
・筋力低下により、上半身を支えている力全てが腰にかかる

この他にも体が硬い人は 筋肉が緊張しやすく、血行不良気味に。また、神経質な人は、痛みを感じやすいといった原因も考えられます。解決策としては、手っ取り早くマッサージといきたいところですが、そうそう毎回通っている時間もありません。

そこで、腰痛解消とお腹痩せを同時に叶える簡単腰痛防止ストレッチをご紹介します。ストレッチをご紹介する前に、行う際の注意として、

・決して無理をしない
・反動をつけたり、無理に伸ばさない
・気持ちがいい伸びるポイントを探す

以上を守り、深い呼吸に動きを合わせ、リラックスしながら行ってください。

◆腰痛解消&お腹ダイエットのためのストレッチ1

自分の体の重さ(自重)を使い、脛や膝、太もも、尻、腰、背中、首までを伸ばすポーズです。おでこが床につきづらい人は、クッションなどの上におでこを乗せましょう。

この動きは、腸の動きも活発にするので、便秘気味の方にも効果があります。深い呼吸をしながら、硬くなっている腰などが柔らかく伸びるイメージで行うと効果的です。

▼1.

 
正座になり、両手を床につけます。

▼2.

両手を前に伸ばし、うつ伏せになります。この時、かかととお尻はなるべくつけ、腰を伸ばすように意識しましょう。太ももの上で深い呼吸を8回繰り返しましょう。

1/2ページ

最終更新:6/9(日) 20:15
All About

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事