ここから本文です

が~まるちょば、ソロになって初の公演で存在感をアピール

6/10(月) 16:56配信

チケットぴあ

パントマイムで笑いと感動を届ける「サイレントコメディー・デュオ」として国内外で活躍を続けてきた「が~まるちょば」が、ソロになって初の舞台「MIME CRAZY」を上演した(6月7日~9日、東京・中野 テアトルBONBON)。開幕直前に行われた公開ゲネプロおよび囲み取材の模様をレポートする。

【そのほかの画像はこちら】

今年春、約20年にわたってコンビを組んできたケッチ!が脱退、「が~まるちょば」の看板をひとりで担うことになったHIRO-PONによる、これは最初の舞台。が~まるちょばはいったい何処へ?といぶかしむ間もなく、ステージは彼らの代名詞ともいえる「が~まるSHOW」で幕を開け、「太陽にほえろ!」「初めての手術」や「ドラゴン─怒りのラーメン─」──と、新旧の小品が次々と演じられる。冒頭でこそ、「あれ、もうひとりは?」とおどけた身振りでソロの舞台を印象付けたが、おなじみのジュラルミンのスーツケースが登場し、観客をしつこく巻き込んだり、おかしな人物を演じたりと、ワクワク感にあふれた舞台は紛れもない「が~まるちょば」のステージだ。最後は人情味たっぷりの長編「指輪」で感動を誘う。或る男の不遇の人生と、出会い、別れ、幸せをセリフなしでドラマティックに見せていく、まさに彼らのパントマイムの真骨頂だ。

「ソロは約10年ぶり──。しばらくふたりでやっていたものを、ひとりで表現する作り方に頭を切り替えるのが少し難儀で、産みの苦労が付いてまわった」と話すHIRO-PON。大人も子供も一緒に楽しめる作品を数多く発信してきたが、今回は15歳未満入場不可の「R指定」公演としたことについて、「パントマイムという表現に2時間、集中してくださるお客さんに伝えたかった。R15といってもエロいわけではなく(笑)、サスペンスのような、子供向きでないものも見ていただきたくて」と思いを明かした。ひとりになったことも「再出発」とはせず、すべて「通過点」という。「僕にとってはパントマイムを始めた時こそが“出発”だった。今後も、パントマイムというものをどう世の中に発信していったらいいか、考えながら取り組みたい」と、覚悟のほどを示した。

今後の予定としては、7月7日(火)から9月16日(月・祝)まで、大阪COOL JAPAN PARK OSAKA SSホールで開催される世界初の超新感覚ライブエンターテインメント「NO BORDER」にメインMCとして出演することが決まっている。最新デジタルテクノロジーが用いられるこのステージ、「パントマイムはアナログだと思うけれど、デジタルに負けてはいられない!」と、新たな挑戦にも意欲的だ。

取材・文:加藤智子

最終更新:6/10(月) 16:56
チケットぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ