ここから本文です

窪田正孝超えの“もう1人の天才”に「まさか泣かされるとは」の声…「ラジエーションハウス」10話

6/10(月) 22:30配信

cinemacafe.net

窪田正孝、本田翼、広瀬アリス、鈴木伸之らが共演する月9「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の第10話が6月10日にオンエア。いよいよファイナルに向けて動き出した物語、視聴者もその行く末を固唾を飲んで見守っている。

【写真】「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」第10話


天才的な医者だがその事を隠して甘春総合病院の放射線技師となった五十嵐唯織を窪田さんが演じる本作。唯織が少年時代から憧れ続けてきた甘春総合病院の放射線医・甘春杏を本田さんが、大学病院の教授の息子で整形外科医の辻村駿太郎を鈴木さんが、唯織と同期の新人技師・広瀬裕乃を広瀬さんが演じる。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。


唯織のもと放射線科の世界的権威で恩師のピレス教授(Dutch)からメッセージが届く。それは人工知能を使った読影補助ソフトの開発メンバーとして唯織を招聘する内容だった。

一方、ラジエーションハウスに杏の父親で元院長の正一(佐戸井けん太)が突然現れる。正一は半年ほど前からうつ状態だった。小野寺(遠藤憲一)は杏に正一をもう1度検査することを勧める。


その頃、辻村は嶋田茜(西原亜希)の1歳8か月になる息子・光の診察をしていた。3か月前にも骨折した光に虐待を疑うたまき(山口紗弥加)らだが、唯織と辻村らはくる病であることを突き止める。しかしその直後、光が救急搬送されてくる。実は光は神経芽腫も患っていた。芽腫が脊髄まで達していたら手術は困難、悩むラジエーションハウスの面々を救ったのは鏑木(浅野和之)の言葉だった。

そして唯織は正一の症状にうつ病以外の原因があるのでは? と疑っていた。そして正一の検査が始まる…というのが今回のストーリー。


これまで唯織たちのじゃまばかりしてきた鏑木だが、実際には経験豊富な放射線医。“唯織超え”の診断力を発揮し、赤ちゃんの命を救うきっかけを作った鏑木の“もう1人の天才”ぶりに「鏑木先生も只者じゃなかった」「まさか鏑木先生に泣かされるとは」などの声が続々と集まっている。

一方、杏の父・正一の症状も気になるところ。予告では唯織が執刀を決意するようなセリフもあって「唯織手術すんの!?」「遂にカミングアウト!?」などの反応も多数。

唯織は病院に残るのか? 今後の展開にも注目が集まる。

「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」最終話は6月17日(月)21時~フジテレビ系で放送。

最終更新:6/10(月) 22:30
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事