ここから本文です

国内クラウドゲーム市場、4年間で約11倍の成長見込み 22年には125億円に到達へ

6/10(月) 12:10配信

ITmedia NEWS

 ゲーム情報誌「ファミ通」を発行するGzブレインはこのほど、ゲーム市場規模に関する調査結果を発表した。2018年の国内ゲーム市場は過去最高の1兆6704億円。うち国内クラウドゲーム市場は11億円(約0.07%)だったが、20年に28.6億円(18年の約2.6倍)、22年には125.9億円(約11.4倍)に急拡大すると予測している。

【グラフ】国内クラウドゲーム市場の推移予測(出典:Gzブレイン)

 クラウドゲームは、ベンダーやゲーム会社がネット経由でコンテンツを配信し、データセンター側で処理を行うため、ユーザーがハード・ソフト不要でプレイできる点が特徴。国内で広く普及するには至っていないが、欧米を中心に開発が加速している。

 米Appleは、定額制のゲーム配信サービス「Apple Arcade」を今秋から世界150カ国以上で開始予定。米Googleは、有料のゲーム配信サービス「Stadia Pro」を11月から日本を除く14カ国で展開する。米Microsoftはソニーと提携し、「Xbox」「プレイステーション」シリーズ向けタイトルを「Microsoft Azure」上で提供するサービスの共同開発に乗り出している。今後、こうしたサービスが続々と日本に参入し、普及が進むとみられる。

 18年の国内ゲーム市場では、ゲームアプリ市場が1兆1660億円(約69.8%)、家庭用ゲーム市場(ソフト+ハード)が4343億円(約26.0%)を占めた。

世界のゲーム市場の動向は?

 世界のゲーム市場(全ジャンルの合計)は前年比20.9%増の13兆1774億円で、うちアジアが5兆8234億円(44.2%)、北米が3兆8125億円(28.9%)、欧州が2兆8203億円(21.4%)を占めていた。パッケージゲーム市場では、旧世代機用ソフトの売上は低下したものの、「Nintendo Switch」向けタイトルが堅調に推移した影響で前年比プラスとなった。

 ゲームアプリ市場も世界的に伸びており、中でも、アジアは3兆5000億円を突破するなど好調。Gzブレインは「アジアのゲームアプリ市場は、他地域に圧倒的な差をつけて最も大きい市場となっている」としている。

ITmedia NEWS

最終更新:6/10(月) 12:10
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ