ここから本文です

住民説明会で防衛省職員居眠り=秋田の陸上イージス配備

6/10(月) 12:31配信

時事通信

 菅義偉官房長官は10日の記者会見で、防衛省が陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への設置を計画する陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の住民説明会の際、職員が居眠りしていたとして防衛省側が謝罪したことを明らかにした。

 菅氏は「より一層緊張感を持ってしっかり対応してほしい」と苦言を呈した。

 配備計画をめぐり、防衛省は秋田県などに提示していた候補地選定の調査内容に誤りがあったことを受け、8日に秋田市で説明会を開き、住民に陳謝してミスの原因について説明。その際、出席した職員が居眠りしていたという。 

最終更新:6/11(火) 6:46
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事