ここから本文です

宮崎駿監督の弟子の初劇場アニメ、12月公開 キャストは花澤香菜&梶裕貴&戸松遥ら

6/10(月) 16:00配信

オリコン

 宮崎駿監督の弟子・糸曽賢志監督の初の劇場アニメ『サンタ・カンパニー ~クリスマスの秘密~』と『コルボッコロ』が、12月に全国劇場で同時上映されることが決定した。あわせてキャスト情報が公開され、『サンタ・カンパニー』に花澤香菜、梶裕貴、戸松遥、釘宮理恵、櫻井孝宏、近藤雄介といった豪華声優陣が出演することが発表された。

【写真】『サンタ・カンパニー』のPVカットがズラリ

 これは、10日に東京・フィンランド大使館で行われた「『サンタ・カンパニー』&『コルボッコロ』劇場版制作プロジェクト」発表会で明かされたもので、日本とフィンランド外交関係樹立100周年を記念した両作は、糸曽監督の初劇場アニメ作品。

 『サンタ・カンパニー』は糸曽監督が企画するオリジナル作品で、2014年に短編アニメを自らが出資して制作し、当時は珍しかった製作委員会方式に頼らずクラウドファンディングを用いたり、教育機関に販売するなどさまざまな手法を活用してきた。

 今回の劇場版は物語を広げて、より多くの人に届けたいという糸曽監督の願いから、新たなシーンを追加し、深みのあるストーリーに仕上げるため、劇場公開に向けた投資型クラウドファンディングをSony Bank Gateで6月20日よりスタート。また、8月より国内ではMakuake、海外向けにはKickstarterで購入型クラウドファンディングを実施する。

 同作は、クリスマスが嫌いな主人公・ノエルが家に帰宅すると、「クリスマス・カンパニー」という会社が広がっており、サンタクロースは会社組織に属していることを知る。そこで、クリスマスにおけるさまざまなカラクリを知り、そこで出会った同年代の子どもたちに感化されて、サンタ・カンパニーに入社すること決意。いろんな困難が訪れる中で、ノエルが導き出した働く意味、クリスマスにまつわるストーリーが展開される。

 キャストはノエル役を花澤、ノエルに想いを寄せる少年・ベル役を梶、トーマス役を釘宮、ミント役を戸松、ペドロ役を櫻井、ニコラ部長役を近藤が担当する。

 また、同時上映される『コルボッコロ』は、さまざまな文明や宗教が混在する世界を舞台に、不思議な力を持つ巫女(みこ)の血を継承する14歳の少女・鈴が、自然の精霊・コルボッコロと出会い、自分の在るべき姿を考えて進むべき道を模索していくSFエコファンタジー。

 2007年にほぼ個人作業として制作された同作は、カンヌ映画祭紹介上映、東京アニメアワード受賞をはじめ国内外で評価されており、劇場上映にあわせて全面的にリニューアル。『サンタ・カンパニー』とのつながりも明らかになるようにシナリオも改変する。

最終更新:6/11(火) 22:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事