ここから本文です

「逃亡犯条例」改正に反対、香港で中国返還後最大規模のデモ 警察と衝突も

6/10(月) 14:16配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【6月10日 AFP】香港政府が目指している「逃亡犯条例」の改正に反対する大規模デモが9日、香港で行われた。デモは特に事故もなく行われたが、終了後の10日未明に一部の参加者が暴徒化して警察と衝突した。

 改正案は、犯罪容疑者の引き渡しに関して香港政府がまだ協定を結んでいない国や地域にも引き渡しを可能とする内容。引き渡し先には中国本土も含まれる。

 デモ主催者らは、9日の参加者は100万人を超え、1997年の香港の中国返還以降最大規模のデモになったとしている。一方、デモ主催者の発表よりはるかに少ないことが通例の警察発表はピーク時で推定24万人としている。しかし警察発表でみても、香港返還以降で2番目に大規模なデモとなった。

 9日は厳しい暑さの中、道路に大勢のデモ参加者がひしめき合った。デモは特に事故もなく行われたが、10日午前0時(日本時間同1時)すぎに警察が立法会前で泊まり込みの抗議を行っていた小規模なグループを排除しようとしたところ、暴力が発生した。

 警察は、許可していたデモの終了時間がすぎるとすぐに介入した。ボトルを投げたり、バリケードをつくったりしたデモ参加者らに警察は催涙ガスを発射し、群衆を押し返そうとした。警察とデモ隊の小競り合いは夜通し続き、近くの通りでは追いつ追われつするデモ参加者と警察官の姿が見られた。

 香港政府は、条例改正案は法の抜け穴をふさぎ、香港を中国本土からの犯罪者の隠れ場所にしないようにするために必要だと主張。台湾で知り合いの女性を殺害した容疑で指名手配されている香港の男の身柄引き渡しを行うために、条例改正案を速やかに成立させる必要があるとしている。

 しかし反対派は、不透明な中国の司法制度に人々が巻き込まれる恐れがあると指摘し、香港政府は条例改正案を成立させるために台湾の殺人事件を利用していると批判している。

 映像前半は、9日に昼夜を通して行われた大規模なデモ。後半は、暴徒化して警官と衝突する一部のデモ参加者たち。10日未明に撮影。(c)AFPBB News

最終更新:6/10(月) 20:45
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事