ここから本文です

iPad Proの購入を検討しているなら必ず知っておくべき5つのこと

6/10(月) 11:00配信

Engadget 日本版

最近開催された「WWDC2019」では、「iPadOS」が発表されたり、複数アプリの同時利用が可能になったり、iPadをMacのサブ画面にするSidecarが発表されたりとiPadユーザーにはアツい内容でした。「嗚呼~、iPadほしい~」と財布の口が緩んでいる人も多いのではないでしょうか?

6月時点のラインアップでは、iPad mini、iPad、iPad Air、iPad Proとさまざまな選択肢が豊富です。でも「ビジネスでパソコンがわりに使いたい」という人には、iPad Proを推しています。処理速度が早く、Apple Pencil(第2世代)の充電がスマートで使いやすく、本体と一体化するキーボードが便利で、すべてにおいて機動力に優れているからです。私が熱心に「iPad Proいいよ、すごくいいよ」と言っている理由は、“機動力の高さ“。取り出して、すぐ使えて、長持ちして、インプットもアウトプットも自由でスピーディだからです。

他にもタブレットや2in1と呼ばれるものは多々ありますし、iPadじゃなくていいや、という人はそれを買っていただくとして、今日はiPad Proが1st iPadになるかもしれないという「iPad Pro初心者」のみなさん、または「iPadの第二世代以降放置してさわってない...」というセカンドバージン的ユーザーの皆さんに、知っておいて欲しい事項をまとめてみました。

1.フリック入力が使えないけど、アプリで対応可能

スマートフォンの入力操作として定番のフリック入力。iPadで使用する場合、日本語入力・ローマ字にした状態で左右に分断させると、右側にフリックが出てくる仕組みになっていました。ところが、iPad Proは、フリック入力に対応していません。フリックではなくキーボードを使いましょうね、ということかもしれませんが「えーっ、そんなの困るよ!! 」という方は、フリック入力が使えるようになるアプリを使いましょう。私のおススメは片手キーボードPRO 。

キーボードの位置や幅を変えられるので、自分の手のサイズにあわせてカスタマイズが可能。iPhoneで使うのも便利です。

1/3ページ

最終更新:6/10(月) 11:00
Engadget 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事