ここから本文です

HIS中間決算、旅行事業の売上高が過去最高、澤田会長「2ケタ成長」の継続に意欲、GW10連休の特需効果大きく

6/10(月) 12:54配信

トラベルボイス

2019年10月期第2四半期・セグメント別実績

▼旅行事業
・売上高3368億円(11%増)、営業利益62.0億円(47%増)
売上内訳:海外旅行2209億円(13%増)、国内旅行295億円(4%増)、訪日旅行146億円(11%増)、海外法人718億円(6%増)

▼ハウステンボスグループ
・売上高136.8億円(9%減)、営業利益26.8億円(29%減)

▼ホテル事業
・売上高62.0億円(1%減)、営業利益4.6億円(34%減)、EBITDA10.4億円(25%減)

▼九州産交グループ
・売上高111.5億円(2%増)、営業利益2.9億円(15%減)

▼エネルギー事業
・売上高92.8億円(78%増)、営業利益3.6億円(前期は3.7億円の損失)

トラベルボイス編集部

2/2ページ

最終更新:6/10(月) 12:54
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事