ここから本文です

札幌の洋菓子「Mrs.NewYork」の七福が事業停止

6/10(月) 17:23配信

帝国データバンク

 (株)七福(TDB企業コード:010666161、資本金1300万円、北海道札幌市豊平区月寒東5条6-2-19、代表坂田靖則氏)は、6月10日付で事業を停止し、債務整理を神戸俊昭弁護士(北海道札幌市中央区南1条西11、弁護士法人神戸・万字・福田法律事務所、電話011-241-7770)ほかに一任した。

 当社は、1997年(平成9年)9月に設立された菓子製造・小売業者。当初は、だんご、餅、大福などの和菓子の製造販売を手がけていたが、2008年8月に洋菓子製造・小売の(株)マンハッタンブレスと合併し、ケーキなどの洋菓子の扱いも開始。洋菓子の「Mrs.NewYork」の店名で、本店のほかにスーパーストア内に、また「七福札幌本店」の店舗名でスーパーストア内において和菓子販売を行っていた。このほか、「ダイニング桑名」の店舗名で飲食店経営、「創風庵」の店舗名で抹茶大福の販売を行い、ピーク時の2011年7月期には年売上高約5億8400万円をあげていた。

 しかし、この間の相次ぐ店舗展開に伴い出店費用がかさんでいたうえ、近年の原材料価格の上昇が収益を圧迫し、借入負担から財務内容は悪化していた。このため、北海道中小企業再生支援協議会を通じて金融機関より借入金の返済条件緩和を受けていたが、2018年7月期の年売上高は約4億5000万円にとどまるなか、今期に入ってからも業況の改善には至らず、先行きの見通しが立たないことから、今回の措置となった。

 負債は2018年7月期末時点で約3億6000万円。

最終更新:6/10(月) 17:36
帝国データバンク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい