ここから本文です

岡山で女子ゴルフ渋野日向子選手を祝う会 「初心忘れず頑張る」と笑顔

6/10(月) 23:21配信

山陽新聞デジタル

 女子ゴルフの国内メジャー大会、ワールド・サロンパス・カップ(5月9~12日・茨城県)でプロ初優勝を飾った岡山市出身の渋野日向子選手(20)を祝う会が10日、同市内のホテルで約170人が出席して開かれた。

 所属するRSK山陽放送の主催で、桑田茂社長が「こんなに早いメジャー大会制覇は彼女の頑張りが引き寄せた。今後も渋野プロの応援をよろしくお願いします」とあいさつ。大森雅夫岡山市長は「メジャーの優勝は岡山県(出身者)で誰もなし得ていない。本当に素晴らしい」とプロ2年目での快挙をたたえた。

 渋野選手は「2、3勝目に向けて頑張っていく。ジュニアの子どもたちの良い手本になりたい」とさらなる飛躍を期した。トークショーではワールド・サロンパス・カップの戦いが映像で流れ、「楽しみながらプレーでき、最後はうれしくて泣いてしまった。初心を忘れずにこれからも過ごしたい」と笑顔で話した。

 渋野選手は岡山・平島小2年で競技を始め、上道中時代に県ジュニア選手権を3連覇。作陽高2年時の2015年には全国高校選手権の団体優勝に貢献し、昨夏のプロテストに合格した。

最終更新:6/11(火) 3:54
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ