ここから本文です

EVシフトも…ガソリンのスポーツカー『スープラ』 17年ぶり復活に見るトヨタの“譲れないこだわり”

6/10(月) 19:50配信

東海テレビ

東海テレビ

 1980年代のバブル全盛期、人気を集めていた車がトヨタの『スープラ』です。10日、17年ぶりに復活したスープラの報道関係者向け試乗会がありました。

 世界の主流が電気自動車へと変わっていこうしている中、なぜガソリンエンジンのスポーツカーを復活させたのでしょうか。

 10日、愛知県長久手市で行われたトヨタのスポーツカーの試乗会。

(リポート)
「こちらが新型スープラです、うわーっ、かっこいいですね!」

トヨタ自動車 豊田社長(デトロイトモーターショーにて):
「Supra is back!」

 トヨタが令和の時代に送り出すスポーツカー「スープラ」。17年の時を経て復活し、5月から販売が始まっています。

 バブル好景気に沸く1986年に誕生した「スープラ」。スポーツカー人気の中で若者らから圧倒的な支持を受けました。

 いまでは見られなくなった開閉式のヘッドライトが印象的で、のべ29万台を販売。しかし、スポーツカー人気の衰退とともに、2002年に生産を終了。日本のロードシーンから姿を消していました。

 あれから17年…満を持して復活したスープラ。その力強さは健在です。

Q.以前のスープラから引き継いでる点は?

トヨタ担当者:
「すべてのモデルで共通していたのが直列6気筒エンジンとFR(後輪駆動)のレイアウトですね」

 “抜け”のいい3リッター直列6気筒エンジンを搭載し、スポーツカーの王道であるFR=後輪駆動を継承しています。

(ドライブリポート)
「加速がスムーズですね。ちょっとアクセル踏んだだけで、座席に私の体がフッと吸い込まれるような、くっつくような感覚になります」

トヨタ担当者:
「エンジンもそうですしトランスミッションもすごくスムーズにシフトするので、エンジンのレスポンスとかもこだわってつくっています」

 低く抑えられたドライビングシートに座りステアリングを握れば…ちょっとしたレーサー気分を味わうことができます。

 後席は設けず、2シーターの車として令和の世に蘇ったスープラ。しかし…。

トヨタ 寺師副社長:
「今後のビジネスを考えると、その中心になるのは間違いなくEVだと思います」

 7日、東京で開かれたトヨタの記者発表。寺師副社長は時代はEV=電気自動車だと話したうえで、世界で550万台以上のEVやハイブリッド車など2030年に販売するとしていた目標を5年前倒しすると発表。

 世界的な「EVシフト」の流れに押される形で、トヨタも歩行タイプや二人乗りの小型タイプなどEVのラインアップ拡充を急いでいます。

 EVの販売拡大へ大きく舵を切ろうとしている中、一体なぜ、ガソリンエンジンのスポーツカー「スープラ」を復活させたのでしょうか?

トヨタの担当者:
「メーカーとしてはスポーツカーを作って車好きの人をどんどん増やしていかないと、先は無いんじゃないかと」

 自動車を作る会社から移動に関わるあらゆるサービスを提供する「モビリティ・カンパニー」への変貌を目指すトヨタ自動車。

 自動車メーカーとして譲れないこだわりが「スープラ」なのかも知れません。

東海テレビ

最終更新:6/10(月) 20:36
東海テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事