ここから本文です

古川孝敏、琉球ゴールデンキングス退団へ「これからも自分らしさを忘れず日々精進」

6/10(月) 12:20配信

バスケットボールキング

 琉球ゴールデンキングスは6月10日、古川孝敏との選手契約満了を発表した。

 古川は190センチ92キロのスモールフォワード。2010年に東海大学からアイシンシーホース(現シーホース三河)へ入団し、2013年に栃木ブレックスへ移籍した。同チームでBリーグ初代王者に輝くと、2017-18シーズンに琉球へ加入。

 2018-19シーズンは54試合に出場し、569得点(1試合平均10.5得点)140リバウンド(同2.6リバウンド)59アシスト(同1.1アシスト)を記録した。「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2018-19」でも6試合で42得点(同7得点)と勝負強さを発揮。また、日本代表の一員として「FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区予選」の7試合に出場した。

 同選手はチームの公式HPを通じて次のようにコメントした。

「この度、チームを退団することになりました。キングスでプレイをさせていただいた2シーズン、ファンの皆さんには多くの声援と、そして一緒に戦っていただき本当に感謝しています」

「2シーズンという期間の中で苦しく厳しい時期もありました。それでも諦めず共に戦い続けてくれたこと、そして自分にとっては怪我からのスタートだったキングス、なかなかコートに立つことができなかった自分にもその頃から温かい言葉、声援を送っていただきとても励みになりました。こんなにも温かい、愛の溢れるチームでプレイできたことは自分の財産になると思いますし、とても幸せでした」

「これからも自分らしさを忘れず、日々精進していきたいと思います。キングスに携わる全ての方に感謝致します。本当に2年間ありがとうございました」

BASKETBALL KING

最終更新:6/10(月) 12:20
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事