ここから本文です

『トイ・ストーリー4』で復帰のボー・ピープ!イメチェンを果たし、ディズニープリンセスに仲間入り!?

6/10(月) 16:30配信

Movie Walker

世界初の長編フルCGデジタルアニメーションとして世界中に驚きと感動を与えた『トイ・ストーリー』(95)。そのシリーズ9年ぶりの最新作となる『トイ・ストーリー4』が7月12日(金)から公開される。本作で特に注目してほしいのは、『トイ・ストーリー2』(99)以来の登場を果たす人気キャラクター、ボー・ピープのある興味深い変化だ。

【写真を見る】19年ぶりの登場で見た目もスタイリッシュに!ボー・ピープになにがあったのか…?

1作目では窮地に立たされたウッディを信じつづけるなど、常にウッディのことを気にかけ、勇気づけていた優しい羊飼い人形のボー・ピープ。ウッディたちの持ち主であったアンディが成長した前作では彼女は登場せず、おもちゃたちの会話の中で「新しいお家」に行ったことが示唆されていた。そして最新作で久々に登場を果たす彼女。すでに解禁されている予告映像からもわかる通り、表情から服装までガラリと変わった姿でウッディの前に現れるのだ。

本作でメガホンをとるジョシュ・クーリー監督は「外の世界を知っているボーが、ウッディの人生を大きく変えるんだ」と彼女が本作で大きな役割を担っていることを断言。そして「ボーは近年の新しいディズニープリンセスみたいに強い意志を持っている。ウッディ達と別れてからなにもせず生きてきたわけではない。彼女は自分自身の運命を自ら切り開き、子ども部屋にいた時とはまるで違う人生を送っているんだ」と語る。

シンデレラや白雪姫など、古くからディズニー作品を象徴してきたディズニープリンセスたちは、その時代その時代を常に反映してきた。そして近年、『塔の上のラプンツェル』(10)以降の作品においてはその描かれ方に大きな変化が生まれる。かつてのように王子様を待つ受け身の女性像から、自分の意志を持って能動的に行動する女性として描かれるようになった。

ありのままの自分を受け入れ、外の世界へ踏み出していく『アナと雪の女王』(13)のエルサ。島の人々のリーダーになることを期待されながら、自分の意思で海に飛び出していく『モアナと伝説の海』(16)のモアナ。さらには平凡な生活と刺激的な世界との間で悩み葛藤する『シュガーラッシュ:オンライン』(18)のヴァネロペなど。本作のボーもまた例外ではない。彼女たちと同じように“一歩踏み出す勇気”を持つ1人の女性として、シリーズに帰ってくるということだ。

劇中でボーはウッディと運命的な再会を果たす。そしてウッディに“外の世界の広さ”を教え、彼の人生の決断に大きな影響を与える。この2人の関係性についてクーリー監督は「ボーはウッディを説得することができる存在でもあり、彼が信頼を置く存在でもある。ウッディが変わる原動力は彼女なんだ」と明かす。もともとアンディの妹であるモリーの部屋のおもちゃたちのリーダーでもあったボーは、心優しさとタフさを兼ね備える。いままでとは違う形でウッディを支えることになるのだろう。

オリジナル版でボーの声を担当しているアニー・ポッツは「『トイ・ストーリー3』にボー・ピープが出ないと聞いた時、私は彼女が消えたように置き去りにされた気分でした」と前作の頃を振り返りながら、「『トイ・ストーリー4』にボー・ピープが戻ってきてさらに大いに活躍することを知って、私はこれまでの人生でこれ以上にない、すばらしい気持ちになったんです」と意気揚揚。果たして彼女は本作でどんな活躍を見せてくれるのか。またウッディたちと離れてる間、彼女の人生になにがあったのか。最新作はボー・ピープから目が離せなくなりそうだ!(Movie Walker・文/久保田 和馬)

最終更新:6/10(月) 18:39
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事