ここから本文です

巨匠チャン・イーモウが贈る武侠活劇、『SHADOW/影武者』予告&ポスターが到着

6/10(月) 11:00配信

Movie Walker

『紅いコーリャン』(87)で第38回ベルリン国際映画祭金熊賞に輝き、『あの子を探して』(92)では第49回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞を獲得するなど、数々の国際的な映画賞を受賞するチャン・イーモウ監督。そのチャン監督が三国志の荊州(けいしゅう)争奪戦をダイナミックにアレンジし、『HERO』(02)や『LOVERS』(04)のスタッフと再タッグを組んだ『SHADOW/影武者』が9月6日(金)から公開される。チャン監督が「自分が本当に撮りたい物語と巡り合った」と語り、第75回ベネチア国際映画祭の上映時には絶賛を浴びた本作の予告映像とポスターが到着した。

台湾のアカデミー賞と言われる第55回金馬奨では監督賞、美術賞、メイキャップ&衣装デザイン賞、視覚効果賞の4部門受賞、米エンタメ誌の「バラエティ」が発表した“2018最も期待される映画20本”に選出されるなど、国内外から高評価を得ている本作。

時は戦国時代、敵の炎国に領土を奪われて20年が経つ沛(ペイ)国の重臣で武芸の達人である都督(トトク)が、炎国の将軍にして猛将の楊蒼(ヤン・ツァン)に、手合わせを申し込む。しかし楊蒼の目の前に現れた都督は影武者で、本物の都督は敵地での大軍との戦いを命じていた。はたして影武者に待ち受けるものとは、そして沛国の運命は…。

主演は『戦場のレクイエム』(07)での演技で高い評価を受けて以来、『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』(10)や『人魚姫』(16)などに出演するダン・チャオ。筋骨隆々の影武者役から一転して、20kgもの減量を行なって病体である都督役の2役を演じるなど、鬼気迫る演技を魅せる。都督の妻役には、『SPIRIT』(06)や『画皮 あやかしの恋』(08)などに出演し、ダンと私生活でも夫婦であるスン・リー。テレビドラマ「宮廷の諍い女(きゅうていのいさかいめ)」で国際エミー賞女優部門にノミネートされるなど演技派として活躍するスンが都督の妻として美しく華を添える。

到着した予告映像では、敵の炎国に領土を奪われ20年が経つ沛国を舞台に領土奪還を願う都督の影武者が鋭い刃で作られた傘をふるい、楊蒼と対峙する緊迫感溢れる様子が映し出される。そして、チャン監督が作り出す中国伝統の水墨画のよう世界観と作品全体を通じて降らせた雨のなかで繰り広げられる沛国軍の勇姿に目が離せない。

アジアを代表する巨匠、チャン・イーモウが構想に3年半の歳月をかけて制作された本作がついに日本公開決定。美しい水墨画の世界観とアクションがどのように共鳴するのか、公開が待ちきれない! (Movie Walker・文/編集部)

最終更新:6/10(月) 11:00
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事