ここから本文です

【MLB】投げたヘルメットが跳ね返り唇を6針縫う怪我 ガードナーは「バトルに負けた」

6/10(月) 7:40配信

Full-Count

ガードナーが自業自得の怪我「物理学について学んだ」!?

■インディアンス 8-4 ヤンキース(日本時間9日・クリーブランド)

 ヤンキースのブレット・ガードナー外野手が8日(日本時間9日)の敵地インディアンス戦で見舞われた“まさかのアクシデント”の反響が広がっている。ベンチで投げつけたヘルメットが、跳ね返って顔面に直撃。唇を6針縫う怪我を負った。MLB公式サイトも動画付きでこのシーンを紹介し「ヘルメットとのバトルに負けた」と伝えている。

【動画】怒りにまかせて投げつけたヘルメットが跳ね返り、ガードナーの顔面に直撃…「不幸の瞬間を捉えていた」地元テレビ局の映像

 ヤンキースの2点ビハインドで迎えた6回だった。先頭ガードナーは左飛に倒れると、ベンチでイライラが爆発した。ヘルメットを置く棚に向かって、自身のヘルメットを至近距離で思い切り投げつける。すると、ヘルメットは跳ね返ってガードナーの顔面に直撃。その後、ダグアウトを歩くガードナーの唇からは血が流れていた。

 MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」は「顔に直撃し、ブレット・ガードナーがヘルメットとのバトルで負けた」とのタイトルでレポート。記事では「土曜日、ブレット・ガードナーは苛立たしい打席の後、ヤンキースのダグアウトの壁にヘルメットを投げつけた……そして、ヘルメットが跳ね返って顔に直撃した。彼はニュートンの第三法則(作用反作用の法則)について学んだ」と面白おかしく伝えている。

 さらに「みんな同じような経験がある。勝負事でギリギリで負けると苛立たしいし、敗北の苦痛は耐えられないくらいのものである。しかし、我々はトラブルのおかげで物理学について学べるほど常に幸運ではない」と言及。唇を6針縫うという怪我と引き換えに「物理学」について学んだガードナーは幸運だったという。

 ヤンキースはこの試合に4-8で敗れ、2連敗を喫した。ガードナーはさらにイライラが募ったはずだが、さすがにものに当たることはなかったようで、MLB公式サイトの記事の中では「先週DJ(・ルメイヒュー)にダグアウトでヘルメットを投げるべきではないと言ったばかりだった」と明かしている。ルメイヒューにかけた言葉が正しかったと自ら証明する形になってしまった。

Full-Count編集部

最終更新:6/10(月) 18:26
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/22(月) 5:20

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ