ここから本文です

鼠多門工事、安全に 石川労働局など政労使パト

6/10(月) 14:25配信

北國新聞社

 石川労働局などの政労使合同パトロールは10日、金沢城公園の鼠多門(ねずみたもん)復元工事現場で行われ、同局や連合石川、石川県経営者協会の職員10人が労災事故防止に向けた取り組みを視察した。

 石川労働局の松竹泰男局長らが現場を訪れ、現在進められている屋根の板貼りや左官の作業現場を見て回った。施工業者から転落防止のため安全帯を着けていることや、熱中症予防として霧の出る扇風機を設置していることなどの説明を受けた。

 連合石川の西田満明会長、県経営者協会の高松喜与志会長も参加した。

 石川労働局によると、県内の昨年1年間の労災死亡事故は15件で、3年連続で増加している。

北國新聞社

最終更新:6/10(月) 14:28
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事