ここから本文です

2大会ぶりの世界制覇へ! 女子W杯に臨むなでしこジャパン全23選手を紹介

6/10(月) 6:30配信

SOCCER KING

 いよいよFIFA女子ワールドカップフランス2019が開幕を迎えた。2大会ぶりの世界一を目指すなでしこジャパンは、10日にグループステージ第1節でアルゼンチン代表と対戦する。そこで、今大会に臨むなでしこジャパンの全23選手を紹介する。

【GK】

1 池田咲紀子(浦和レッズレディース)

今季好調の浦和でゴールを守り続ける守護神。若手の頃から元なでしこジャパンGK山郷のぞみの背中を見続け、先輩譲りの的確な指示でチームを助ける。男子の浦和GK西川周作を思わせるような正確なキックは、日本屈指と言える。有能なGKを多く輩出する浦和にあって、長年レギュラーを守り続けている。

18 山下杏也加(日テレ・ベレーザ)

昨季は女子アジア杯とアジア大会のふたつの決勝でゴールマウスを守り、見事アジア2冠に貢献。鋭い反射神経でビッグセーブを連発する。リーグ4連覇中の日テレで鍛えられたビルドアップも魅力で、「日本にこんなGKがいるのかと思われるようなプレーで結果を残して、女子サッカーを盛り上げたい」と今大会に意気込む。

21 平尾知佳(アルビレックス新潟レディース)

試合出場機会を求めて2017年12月に浦和から新潟Lへ移籍すると、すぐに試合出場を果たし、皇后杯ベスト8進出に貢献。翌シーズンも正GKとなり、リーグ全試合出場を達成した。クロスへの対応に優れたGKで、なでしこジャパンとしての経験は少ないが、U-17やU-19の育成年代でも代表に選出され、いずれも正GKとして活躍してきた。

【DF】

3 鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)

高倉体制となったなでしこジャパンでは、これまで主戦場としてきたサイドバックのほかにセンターバックも担うことになり、さらにプレーの幅が広がったベテラン。チーム最年長として、3回目の女子W杯を迎える。元々は攻撃的なポジションを得意としていたため、鮫島のサイド攻撃参加はなでしこジャパンのひとつの武器となっている。2011年9月から2012年6月まで、フランスのモンペリエHSCでプレーした。

2 宇津木瑠美(シアトル・レインFC/アメリカ)

DFやMFの様々なポジションをこなせる器用さを武器に、16歳でフル代表に選出された経歴を紹介するとエリートのように見えるが、代表では控えに甘んじる期間が長かった苦労人。前回大会では、ボランチの位置でハードなマークで相手を苦しめ、準優勝に大きく貢献した。高倉ジャパンでも、ボランチ、サイドバック、センターバックをこなす。2010年から2016年まで、フランスのモンペリエHSCでプレーした。

1/5ページ

最終更新:6/10(月) 6:30
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事