ここから本文です

希少なバラ公開開始 四季の里バラ園リニューアル 福島

6/11(火) 8:37配信

福島民報

 福島市荒井の四季の里にあるバラ園が九日、リニューアルオープンした。希少品種を含む寄贈のバラが加わった園内が一般に公開された。

 同市松川町のバラ農家菊地義介さん(83)から譲り受けたバラ約七十本を移植したのを機に、ガーデンツアーを催した。菊地さん自ら案内役を務め、相馬市で開発された「相馬」など珍しいバラを紹介し、美しさの特徴や手入れ方法を解説した。

 菊地さんは「信夫バラ園」として各種のバラ苗を栽培・販売していたが、高齢となり後継者もいないため営業を終えた。栽培指導や仕入れで関係のあった四季の里に託した。

 四季の里バラ園は二〇〇一(平成十三)年に開園した。現在は百七十七品種、三百七十株を栽培している。年間通して無料で楽しめるが、六月上旬から下旬、十月上旬から下旬が見頃という。

最終更新:6/11(火) 8:37
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事