ここから本文です

決済手段トップ3は現金、クレジット、カード型交通系電子マネー。キャッシュレスウィークは「まったく知らない」が4割超

6/11(火) 9:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

MMD研究所は5月21日、現金およびキャッシュレス決済の利用動向「2019年5月 キャッシュレスウィークとキャッシュレス利用に関する調査」を発表した。同調査によると、最も利用頻度の高い決済手段は「現金」の54.2%となり、現金以外の(クレジットカードやモバイル決済など)は45.8%だった。

また、2番目、3番目に最も利用頻度が高い決済手段は「クレジットカード」(43.9%)、次いで「カード型交通系電子マネー」(25.3%)の順となった。

 

現金派のキャッシュレス決済利用は「交通系電子マネー」が最多

MMD研究所では、同調査の回答者のうち、キャッシュレス決済を最も利用すると回答した(n=442)と、現金を最も利用するとした(n=442)を抽出した本調査を実施。

その結果、キャッシュレス派の現金用割合が最も高い場面は、「自動販売機」(46.2%)となり、最も現金の利用割合が少ないのは「ガソリンスタンド」(7.7%)。最も多く利用されている場面は、「スーパーマーケット」におけるクレジットカード決済(60.4%)だった。

一方、現金派が現金を利用する場面は「スーパーマーケット」(86.0%)であり、キャッシュレス決済を利用割合が最も多い場面は「交通機関(交通費の支払い)」におけるカード型交通系電子マネーの55.0%だった。

 

キャッシュレスウィーク「まったく聞いたことがない」が40%以上

2019年4月26日から5月6日の大型連休に実施された、キャッシュレス決済の利用促進キャンペーン「キャッシュレスウィーク」(一般社団法人キャッシュレス推進協議会)については、「まったく聞いたことがない」とキャッシュレス派の40.5%、現金派の62.9%がそれぞれ回答。「内容を知っている」との回答では、キャッシュレス派と現金派の間で13%ポイントの差があった。

キャッシュレスウィークについて説明した後に行った、キャッシュレスウィーク中のキャッシュレス決済の利用意向は、キャッシュレス派と現金派のどちらも「クレジットカード」が最も高い。

1/2ページ

最終更新:6/11(火) 9:01
ネットショップ担当者フォーラム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事