ここから本文です

決済手段トップ3は現金、クレジット、カード型交通系電子マネー。キャッシュレスウィークは「まったく知らない」が4割超

6/11(火) 9:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

キャッシュレスウィーク中、キャッシュレス決済の利用率が最も高かった場面は、キャッシュレス派が「ショッピングモール」93.6%、現金派が「交通機関」66.7%だった。

また、2019年10月の消費増税に関するキャッシュレス決済への還元策の認知率は、キャッシュレス派が60.9%、現金派が42.8%だった。※経済産業省「キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)の概要」

---------------------------------------------------------------


□ 調査概要

MMD研究所「2019年5月キャッシュレスウィークとキャッシュレス利用に関する調査」

・調査期間:2019年4月26日~5月9日
・有効回答:予備調査6,388人(20歳~69歳の男女)、本調査884人(現金を最もよく利用すると回答した442人と現金以外のキャッシュレス決済を最もよく利用すると回答した442人)
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:20歳~69歳の男女
・設問数:9問

2/2ページ

最終更新:6/11(火) 9:01
ネットショップ担当者フォーラム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事