ここから本文です

【横浜市営地下鉄脱線】始発から通常ダイヤに 快速運転も再開

6/11(火) 11:40配信

カナロコ by 神奈川新聞

 横浜市営地下鉄ブルーラインの脱線事故で、横浜市は11日、始発から通常ダイヤでの運行を始めた。6日の事故以来、見合わせていた日中時間帯の快速運転も再開し、全面復旧した。通常通り全線(あざみ野-湘南台)でおおむね5~10分間隔、ラッシュ時間帯は朝4分、夕方6分間隔で運行する。

 市交通局によると、11日未明、湘南台駅(藤沢市)ホームに暫定的に停車させていた事故車両を同駅から11キロほど離れた上永谷車両基地(横浜市港南区)に運び込む作業が完了した。これにより、通常ダイヤでの運行が可能になり、10日午前の全線運行再開後も続いていたダイヤの乱れが解消された。また他社線への振り替え輸送も終了した。

 市交通局は「復旧作業にめどが立ったことから、今後は事故原因の検証と再発防止策の検討を本格化させる」としている。

神奈川新聞社

最終更新:6/11(火) 11:40
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事