ここから本文です

小野寺前防衛相、また「韓国には丁寧な無視が一番」

6/11(火) 11:37配信

中央日報日本語版

小野寺前防衛相が韓国について「無視が一番」と述べた。

11日の時事通信によると、自民党安全保障調査会長を務める小野寺前防衛相は前日、東京都内で講演し、韓日レーダー問題および強制徴用問題などに言及しながら「文在寅(ムン・ジェイン)政権の間に日韓関係が良くなることは想定しづらい。丁寧な無視が一番ではないか」と発言した。

また「あまりお互い(批判を)言い合うと感情的になり、もう一回仲良くしようというときにしこりが残る」とし「(韓国の)政権が代わる中で理性的な判断ができるようになれば、ウィンウィンの関係になる」とも話した。

小野寺前防衛相は2月4日にも韓国を無視すべきだという発言をした。小野寺前防衛相は当時、衆議院予算委員会に出席し、「韓国にしなければいけないのは事実に基づいた冷静な抗議であり、韓国側の主張に対しては韓国とは同じ土俵で戦うのではなく、丁寧な無視をする心構えが必要でないだろうかと思う」と述べた。

最終更新:6/11(火) 11:37
中央日報日本語版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事