ここから本文です

【WWE】ベッキー・リンチ&ベイリー 2人の王者が前哨戦で敗北

6/11(火) 16:27配信

東スポWeb

【カリフォルニア州サンノゼ10日(日本時間11日)発】WWEのロウ大会で、ロウ女子王者ベッキー・リンチ(32)とスマックダウン(SD)女子王者ベイリー(29)が、次期王座戦に向けていずれも不安を露呈した。

 次回PPV大会「ストンピング・グラウンズ」(23日、ワシントン州タコマ)では、ベッキーがレイシー・エバンス(29)と、ベイリーはアレクサ・ブリス(27)とそれぞれ王座戦を行う。

 この日はタッグ戦でベッキーとベイリーがコンビを結成し、レイシー、アレクサ組と前哨対決。王者コンビはいきなりベッキーがつかまり、苦しい戦いを強いられた。

 その後もベッキーが場外でレイシーを追いかけるも、逆にウィメンズ・ライト(右ストレート)を食らうなどいいところなし。さらにベイリーも、背後から迫ったレイシーにウィメンズ・ライトを浴びて3カウントを献上。王座戦を前にベッキー&ベイリーの王者コンビは屈辱の敗北を喫した。

 ロウ女子王座戦とSD女子王座戦が行われるPPV大会「ストンピング・グラウンズ」は日本時間24日にWWEネットワーク(日本語版実況あり)でライブ配信される。

最終更新:6/11(火) 16:27
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事