ここから本文です

望月記者 官房長官とバトルで圧力?「内調がマークと聞こえてくる」

6/11(火) 21:59配信

デイリースポーツ

 首相官邸で菅義偉官房長官との会見バトルを展開している、東京新聞社会部の望月衣塑子記者が11日、東京・明治大学で開催された、自著が原案の映画「新聞記者」(28日公開)の試写会後に討論集会を行った。

 官邸から嫌われていると紹介されると、これまで東京新聞に「官邸から9回、抗議文が来て、毎回言い分と反論、時に謝罪を入れて突き返してます」と笑顔で明かした。

 菅氏との応酬が話題となると誹謗中傷が増えたといい「プレッシャーとして、代々やってきてる手段のようですが、間接的に内閣情報調査室が私をマークして調べていると聞こえてきました」と明かした。

 また、官邸ではないだろうとしたうえで、夜に会社に「あいつは北朝鮮のスパイだ」との脅迫電話があった事も明かした。

 ただ批判以上に東京新聞に応援の声が届いたことで、読者の声を受け、引き続き会見に出席していることを明かした。

 望月記者を巡っては、約2年前から菅長官の定例会見での応酬がネット上などで話題に。菅氏は、望月記者の質問手法に対し「憶測」などが含まれているなどと指摘し、露骨に態度を硬化。望月氏も、質問途中に何度も「簡潔に」と求められる質問妨害や、菅氏による質問拒絶があったと批判。双方から抗議や申し入れが飛び交っている。

最終更新:6/11(火) 22:12
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事