ここから本文です

「北斗の拳 LEGENDS ReVIVE」ゲームシステムが明らかに!北斗の新たな伝説を紡ぐ時はもうすぐ!

6/11(火) 18:53配信

Impress Watch

 セガゲームスは、「北斗の拳」(原作:武論尊・漫画:原哲夫)を題材としたAndroid/iOS用RPG「北斗の拳 LEGENDS ReVIVE(以下「北斗リバイブ」)」のゲームシステム概要を公開した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 「北斗リバイブ」は、「北斗神拳」一子相伝の歴史が途絶えた時代。北斗の意志に導かれたプレーヤーが新たな伝承者となるため、強敵(とも)と出会い戦うことで、その記憶を集めていく。ケンシロウ、ラオウなど原作キャラクターたちの記憶が宿った“石碑のかけら”を集めることで、忠実に再現された原作ストーリーを追体験していく。

 6月12日からは先行テストプレイが実施される予定となっている。

■指先ひとつで繰り出せる 爽快タップコンボアクション

 「北斗リバイブ」では、最大6人の拳士でチームを編成し、クエストをクリアしていく。チームは前衛3人、後衛3人で構成される。

 拳士には、攻撃力に優れた「力タイプ」、HP・攻撃力・防御力のバランスが良い「技タイプ」、防御力とHPに優れた「体タイプ」の3つのタイプがある。3タイプそれぞれの特徴を活かして編成することで、戦いを有利に進めることができる。

【拳士タイプ】

 バトルでは、画面下のキャラクターアイコンを選択し攻撃を開始。攻撃の際に現われる「北斗七星」の光にタイミングを合わせてタップすることで、コンボをつなぎながらバトルを進めていく。コンボがつながるほど相手に与えるダメージがアップするほか、北斗神拳の象徴である「北斗七星」の最後の星が輝くタイミングに合わせてタップするとタップのタイミングにより、「Bad」、「Normal」、「Good」、「Excellent」の評価がつき、評価が高くなるほどボーナスがつき攻撃力がアップしていく。

 また、拳士は、通常攻撃の他にパッシブスキル、必殺、奥義の3種類の「スキル」を持っている。これらの「スキル」は、使用タイミングによって戦局を大きく変えることもある。必殺と奥義は原作ストーリーになぞらえて設定されており、原作好きには他ならない内容となっている。

【スキル概要】

【スキル発動】

■ハイクオリティなグラフィックと正統さにこだわった原作再現

 原作を手がけた原哲夫氏の全面監修のもと、キャラクターイラストはすべて描き下ろしとなっている。ゲームに挿入された原作再現のムービーシーンでは、バトルシーンを上回る美しいCGで、数々の名場面を描いている。

 原作再現と追体験にこだわっていることから、クエストを進めることで原作の第1話からストーリーを読み進めることとなる。「北斗の拳」ファンはもちろんのこと、「北斗の拳」を知らない人も、ドラマティックな原作ストーリーを手軽に楽しめる。

■北斗ゲーム史上最多のプレイアブルキャラクターでドリームチームを構成

 「北斗リバイブ」には、北斗の拳士、南斗の拳士といった人気キャラクターはもちろん、狡猾な頭脳をもった悪役の「ジャッカル」、ぶあつい脂肪に包まれた「ひでぶ」でおなじみの「ハート」、自称・天才男「アミバ」など名脇役や雑魚キャラたちも多数“プレイアブルキャラクター”として登場する。

 「北斗の拳」登場キャラクターは、ゲームを進める中で手に入る該当の「記憶のカケラ」を集めキャラクターを解放することでプレイアブルとなり、プレーヤーは、原作では叶わなかったケンシロウとシンとの共闘など、自分だけのドリームチームを自由に編成しバトルに挑むことができる。

©武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証GC-218 ©SEGA
※画面はいずれも開発中のものとなります

GAME Watch,船津稔

最終更新:6/11(火) 18:53
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事