ここから本文です

女性の遺体遺棄容疑で逮捕 京都・向日市職員ら2人

6/11(火) 23:33配信

共同通信

 京都府警向日町署は12日、同府向日市のアパート駐車場に女性の遺体を捨てたとして死体遺棄の疑いで、アパートの住人で職業不詳橋本貴彦容疑者(55)と、向日市地域福祉課主査の余根田渉容疑者(29)を逮捕した。

 同署によると、橋本容疑者は生活保護を受給し、余根田容疑者が担当のケースワーカーという。遺体は成人とみられ、全身が白い粘着テープで巻かれ、腐敗が進んでいた。2人は「女性の死体を運び出して駐車場に遺棄したことは間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は共謀し、11日午前11時20分ごろ、向日市上植野町藪ノ下のアパートの駐車場に、女性の遺体を遺棄した疑い。

最終更新:6/12(水) 5:59
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事