ここから本文です

TBSエースアナ・江藤愛、10年で見えてきた“会社愛”「定年までTBSにいたいと思っているんです」

6/11(火) 8:00配信

オリコン

■入社丸10年で「また仕事が楽しくなりました」 相次ぐ同僚のフリー転身にさみしさも

 今年で入社丸10年という、ひとつの節目を迎えた。「また、仕事が楽しくなりました。やっぱり10年って、ある程度の貫禄じゃないけど、キャリアを積むことができたなという、ひとつの自信にもつながりますよね。これまでの人生を振り返っても、10年同じ場所にいるってないですよね。だから、これは褒めてあげていいよなって自信となり、いろんな番組の中で、今自分がどんなコメントを求められているかなって考えながら、素直に答えられるようにりました。以前だったら、求められるものを無理して答えていたこともあったかもしれないけど、今はちょっと楽な気持ちで、自分が生きてきたアナウンサーとしての10年で、答えていいのかなと思ったり。仕事としては変わらないんですけど、向き合い方がまた変わって、1個自分の中でステージが上がった感覚はあります」。

 今年になり吉田明世、宇垣美里といったようにTBSのアナウンサーが次々と“フリー”になっているが、どのような思いを抱いているのだろうか。「後輩から『やめます』って連絡が来ると、なんか『さみしい』って言っちゃうんですよね。もちろん、新しい世界に飛び込んでいく子たちに、頑張ってねっていう思いはあるし、すごい才能豊かな子が多いので、アナウンサーっていう枠にとらわれずに羽ばたいていく子たちだなという気持ちです。フリーでもきっといろんな場面で活躍すると思うので、そういう子たちと一緒に働けたことはうれしいですが、やめちゃうのかって……。同じアナウンサーでも、やっぱりTBSという看板、会社を守っていく、盛り上げていくという同じ志のもとやっていくのとは違って、フリーになると個人の看板になっちゃうので、そういう意味ではさみしいです」。

 この言葉を聞いて思い出したのが、3月21日に放送されたTBSラジオの特番『ラジ(コ)フェス』での太田光の発言だ。「『サンデー・ジャポン』のアナウンサーは局アナにしてよって言っているのは、要するに局を背負ってくれている人がひとりいるだけで、全然違うわけよ。例えば、何かクレームがきた時に、TBSとしての謝罪とか意見とか言ってくれるのは、それはフリーじゃできないから」。太田の言葉が“局アナ”を貫いている江藤アナの支えになった。

 「私もあれ聞いて感動しました。そういう風に見てくれるんだと。自分の発言は自分個人だけのものではなくて、やっぱり会社の意見に捉えられてしまうこともあるっていうのは、意識していますので。と言いながら、かなりラフに話させてもらっているんですけどね(笑)。キャリアを重ねる中で、ある程度、自分の思いとかがないと伝わらないというのも、なんとなく理解してきて。やっぱり伝えたいことがあるから、そこにいるんだっていう使命みたいなものもあります。ニュースって、見ている人がどう受け止めるかが大事で、こちらがあまり色をつけすぎても良くないと思うんですけど、自分がそのニュースに対してどう思うのか。うれしいのか、悲しいのか、怒りなのか。そのスタンスは持っていいんだろうと考えています」

 昨年に江藤アナにインタビューを行った際には、母から「女性版・安住紳一郎さんになりなさい」と言われたことを明かしていたが、そんな安住アナは2006年に出版された著書『局アナ』(小学館)で次のようなことをつづっている。「テレビが小さい頃から大好きで、放送局にとても憧れがあった。初めて仕事をしたとき、画面に映った自分の顔の下に『TBSアナウンサー』と字幕スーパーが出た。何だかとても興奮したことを今でも覚えている。全国に2136人いる局アナの共通する思いだと思う。タレントやフリーと同じ、テレビに出ることが仕事とはいえ待遇や役割はまるで違う。矛盾や過剰な要求にやりきれなくなるときもあるが、逆に局アナだからこそ会社や同僚に関わりあえることもたくさんある。テレビに出る仕事という前に、一放送局員であるということが誇りでもある」(p142-143)。

 先輩と同じ“局アナ”としての道を着実に歩んでいる江藤アナだが「この前のインタビューが出る前に、安住さんに『こういうことを言いました』と伝えましたら、『へぇー』って笑ってくれました(笑)。きょうも、ちょうどここに来る前に会社で会ったら『ボードの伝え方、うまいよね』って言ってくれて、めちゃくちゃうれしかったです。さりげない先輩のほめ言葉、しかも安住さんの言葉ってうれしくて。だから、きょうは素直にウキウキでここに来ました」と満面の笑みを浮かべる。今後のキャリアについてもまっすぐと前を見据えた。

 

2/3ページ

最終更新:6/16(日) 16:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事