ここから本文です

乃木坂46・齋藤飛鳥、メンバーとの交流に変化 山下美月も証言

6/11(火) 14:56配信

オリコン

 人気アイドルグループ・乃木坂46が、日本赤十字社の新プロジェクト『みんなの献血』のイメージキャラクターに就任。11日、都内で行われた記者発表会には、グループを代表して齋藤飛鳥、星野みなみ、堀未央奈、山下美月、与田祐希が出席した。

【寄り写真】白いスカート衣装での乃木坂46手つなぎショット

 同プロジェクトでは、少子高齢化に伴い、献血者が減少傾向にあることに対して、メンバーたちが年間を通して、イベントや絵本、学校での献血啓発プロモーションを実施していく。5人が出演しているテレビCM、スペシャルムービーも同日より公開されている。

 大役を任され「少しでも『献血』の言葉を広げて伝えていきたい」と意気込んだ齋藤。プロジェクトテーマでもある“つながり”に話題が及ぶと「ちょっとした空き時間にメンバーとコミュニケーションを取るようになりました。これまでも普通に仲は良かったけど、私がお仕事を始める前に一人で集中するタイプだったので…」と笑顔で明かした。

 この変化について後輩・山下も証言。バレンタインの思い出を振り返りながら「メンバー同士でお菓子を交換するんですけど、今年は意外な方(齋藤)からお菓子を頂いた。ライブのリハーサルの時にかりんとうを、後輩たちに配ってくれて、つながりを感じました」と話していた。

最終更新:6/13(木) 4:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事