ここから本文です

【関東オークス】交流重賞Vの実績を残しているアークヴィグラス

6/11(火) 19:33配信

サンケイスポーツ

 12日(水)に川崎競馬場で、第55回関東オークス(交流GII、3歳オープン、牝馬、定量、ダート・左2100メートル)が行われる。

 南関東牝馬三冠レースの桜花賞で3着、東京プリンセス賞2着と善戦止まりの結果が続いているアークヴィグラス(大井・嶋田幸晴厩舎)だが、昨秋に門別競馬場で行われたエーデルワイス賞(交流GIII)でJRA勢を撃破した実績を残しているのは強調材料となる。舞台となる川崎競馬場で重賞勝ちの実績があるのも心強い。

 サウスヴィグラス産駒だけに未知の領域となる2100mの距離は気になるところだが、1800mの東京プリンセス賞でも先手を奪って最後まで渋太く粘っているだけに、最内枠からロスなく立ち回れれば克服できてもいいのではないか。

 地元の南関勢の中からもう一頭挙げるなら、デビュー4戦目にして重賞初挑戦となった前走の東京プリンセス賞で3着に好走しているリトミックグルーヴ(川崎・内田勝義厩舎)か。同レースを制したトーセンガーネット、2着のアークヴィグラスには2馬身、2馬身半の差をつけられれているだけに逆転までは厳しそうだが、キャリアが浅く一戦ごとの上積みも大きいだけに、どこまでやれるか注目したい。

最終更新:6/11(火) 19:33
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事