ここから本文です

“目的地化”する道の駅 盛り上がりの一方で休館も…

6/11(火) 13:59配信

帝国データバンク

休憩だけではもったいない!?

 全国各地に設置が進む道の駅。近年の盛り上がりを見ていると、休憩だけではもったいない。萩漁港にほど近い「道の駅『萩しーまーと』」(山口県萩市)は、鮮魚店や水産加工品店が並ぶ「魚づくし」の道の駅。毎週金曜には朝市も開かれ、港町気分が味わえる。地元の特産品を生かした道の駅は他にもあり、その名の通り「びわ」が主役の「道の駅『とみうら』枇杷倶楽部」(千葉県南房総市)は、特産の房州びわを使用したオリジナル商品を開発、販売している。

全国に1,154駅、「道の駅めぐり」を楽しむドライバーも

 道の駅は基本的に市町村等が設置したのち、国土交通省での登録を経て運営されている。1993年に最初の103駅が登録され、それ以降は年を追うごとに登録数が増加。2013年には1,000駅を突破し、現在では全国に1,154駅(2019年4月時点)を数える。

 全国に広がる道の駅を活用し、「道の駅めぐり」を楽しむドライバーも一定数いるようだ。多くの道の駅ではスタンプが置かれており、各地を訪問した履歴を形に残せるようになっている。今や道の駅は単なる休憩場所ではなく、ドライブの目的地になりつつある。

地元が支える道の駅。管理・運営業者の2割は三セク

 道の駅は指定管理者制度等に基づき、管理・運営を民間に委託しているケースも多い。そこで、帝国データバンクが保有する企業概要データベース「COSMOS2」から、道の駅を管理・運営していると判明した187社(※)を抽出。その傾向について分析を行った。

※指定管理期間の満了等により、社数は変動している場合がある

 道の駅管理・運営業者の本社所在地を見ると、「北海道」が13社、「大分県」が9社、「青森県」「秋田県」「長野県」「熊本県」が各8社と、地方圏が目立つ。なお、国土交通省に登録された道の駅の数を見ると、「北海道」は124駅で全国1位、「長野県」は50駅で同3位、「秋田県」「熊本県」は33駅で同7位。道の駅は概ね地元企業に支えられていると言える。

 さらに、道の駅管理・運営業者の約2割は第三セクターであることも判明した。第三セクターの場合、スポーツセンターなど他の公共施設とともに管理・運営を受託した企業のほか、道の駅開設にあたり設立された「道の駅専門」の企業が存在する。

1/2ページ

最終更新:6/11(火) 13:59
帝国データバンク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事