ここから本文です

Suchmosは、フェスの「セットリスト」をどう決めている?

6/11(火) 12:02配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(水曜担当ナビゲーター:Suchmos)。6月5日(水)のオンエアでは、TAIHEI(Key)とTAIKING(Gt)の「TAITAIコンビ」が登場。セットリストの決め方とTAIKINGの結婚式エピソードを明かしました

Suchmosのメンバーは運動神経ばつぐん! OK&KCEE兄弟は小学生の頃に…

セットリストの決め方

9月におこなう横浜スタジアムでのライブへの思いをメンバーが語る「SPARK DREAMER」のコーナー。この日は「セットリスト」について話しました。Suchmosは、ライブのセットリストをどう決めているのでしょうか。

TAIHEI:それぞれがやりたい2曲を出していって、その曲を1本のライブになるように「並び替えてみようか」「ここに何かを差したらいいね」とか、そういう決め方に最近変わったよね。

フェスの場合は決め方が違うとのこと。

TAIKING:フェスのセットリストを考えるの、俺はけっこう好きなんですよ。
TAIHEI:フェスって色があるじゃないですか。
TAIKING:そうなんです!
TAIHEI:各イベントというか、フェスごとに出てるアーティスト、たとえば「フジロック(FUJI ROCK FESTIVAL)」と「サマソニ(SUMMER SONIC)」はぜんぜん違うわけですよ。「ライジング(RISING SUN ROCK FESTIVAL)」と「サンセット(Sunset Live)」でも違うわけです。
TAIKING:季節もあるし時期もあるしカラーもある。だからこそおもしろい!
TAIHEI:俺らはだいたい、そのカラーに乗ることはないね。
TAIKING:ないんだよね。そこがミソだったりするじゃん。俺らの場合はね。
TAIHEI:「1曲目にブチ込み逆攻め」みたいなね。わかりやすく言うと、Suchmosの曲で言うと『808』とか、そういう曲を好きな人が多そうなフェスの1曲目に『BODY』をやったりするじゃん。
TAIKING:はいはい。そうだね。『VOL-TAGE』とかね。ハズしにかかるみたいな。
TAIHEI:ハズすんじゃないけどね。『VOLT-AGE』みたいに、音量とわかりやすい破壊力で一発目から俺らに引き込む作戦と、『BODY』みたいに「ロックバンドでこういうのから入る奴いねえ」っていう、俺らの悪ガキ心(笑)。
TAIKING:「SEもなしでいいんだ!」みたいなね。
TAIHEI:フェスってそういうのもあっておもしろいよね。
TAIKING:そうだね。それもおもしろいしさ、いろんな音楽に触れる機会でもあるから、最近はフェスにいっぱい出てみたいなって思う。
TAIHEI:わかる! 出たいよね!

セットリストの話から、フェスに対する思いまで熱く語るふたりでした。

1/2ページ

最終更新:6/11(火) 12:02
J-WAVE NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事