ここから本文です

高校生が建築現場を見学 仕事への関心促す/富山

6/11(火) 9:58配信

チューリップテレビ

 高岡市では、高岡工芸高校の生徒たちが、工事現場を見学し、建設業への理解を深めました。

 これは、建設業には、「つらい、危険」というイメージが先行しているとして、国土交通省北陸整備局が実際の工事現場を見てもらおうと企画したものです。
 生徒たちは、今年12月完成予定の「ハローワーク高岡」の新築工事現場で、危険な箇所を示す張り紙や転倒防止の手すりなど、事故を防止するための現場の取り組みについて学びました。
 国交省では、建設業へのマイナスのイメージを払拭し、仕事の魅力を感じてもらえればとしています。

チューリップテレビ

最終更新:6/11(火) 9:58
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事