ここから本文です

小野建、今期販売189万トン見込む 新規エリアも照準

6/11(火) 11:09配信

日刊産業新聞

 小野建は10日、都内で決算説明会を開き、小野建単体の2020年3月期の販売量について、前年度比4・2%増の189万2000トンを計画していると明らかにした。今期も堅調な建設需要が続くと見込み、これまで開設した営業所、大型の物流センターなども活用しながら「地元に密着し、今まで行っていないエリアでも数量を伸ばしていきたい」(小野建社長)意向だ。

最終更新:6/11(火) 11:09
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事