ここから本文です

野菜も肉も魚もごはんもモリモリおいしい!人気料理家・ワタナベマキさんの4つの万能醤(ジャン)の作り方

6/11(火) 12:09配信

magacol

好みの食材と合わせればぐっと美味しくなる魔法の調味料、万能醤と並び、ワタナベマキさん宅でも頻繁に登場するという4つの醤。香味野菜やハーブなどのビューティ素材が入って体もよろこぶこと間違いなし!

1:トマトと干しエビの醤

フレッシュなトマトの甘みに干しエビの旨みを効かせた、フルーティな醤。干しエビはものによって塩分に幅があるので、最後に味見をしてから塩を加えるようにしてください。紹興酒がなければ日本酒で代用してもOKです。トマトの色素成分リコピンは、アンチエイジングに役立つといわれる抗酸化物質。熱に強く油と一緒に加熱調理することで、吸収が高まります。干しエビは旨みだけでなくカルシウムの補給に。血行を促進し代謝を上げるしょうが、にんにくもたっぷり。

【材料】
トマト(中)… 3個
干しエビ … 40g
しょうがみじん切り … 1かけ
にんにくみじん切り … 1かけ
ぬるま湯 … 80ml
紹興酒 … 50ml
塩 … 小さじ1/2~小さじ2/3
ごま油 … 大さじ5

【作り方】
1)トマトはヘタを取り1cm角に切る。干しエビはぬるま湯に10分ひたして戻し、みじん切りに。戻し汁はとっておく。
2) 鍋に1)、しょうが、にんにく、紹興酒、ごま油を入れ中火にかける。 
3) 煮立ったらアクを取り、弱めの中火で混ぜながら約8分煮て塩を加える。

\Arrange!/
卵2個を溶き、ごま油小さじ2を入れ中火で熱したフライパンに入れ、大きくかき混ぜ半熟になったら火を止め、器に盛り、醤大さじ3をかける。

2:マッシュルームの醤

使い勝手のいい洋風の醤。風味豊かなマッシュルームに、玉ねぎのまろやかな甘み、くるみのコクを加えた、ちょっとリッチな味わいです。パンに塗ったり、パスタとあえたり、オムレツに使うのもおすすめ。マッシュルームは一般のきのこ類と同様に食物繊維やビタミンB群が豊富で、ミンチ状にすると肉のような食感と旨みがありながら低カロリー。スーパーフードのくるみはオメガ3脂肪酸の宝庫で、血管を柔軟に保ち、脳の健康にも役立つといわれます。

1/3ページ

最終更新:6/11(火) 12:09
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事