ここから本文です

高橋みなみと巡る! 話題の“東東京エリア”のおすすめスポットとは?

6/11(火) 20:16配信

TOKYO FM+

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。6月11日(火)の放送では、新企画「これ何お散歩部~ブラみなみ」がスタート。雑誌「OZ magazine(オズマガジン)」統括編集長の古川誠さんとともに、東東京エリアを巡った模様をお届けしました。

【写真を見る】パーソナリティの高橋みなみ(右から2番目)

今回古川さんが、台東区の蔵前駅~鳥越地区を選んだ理由について「最近良いお店がたくさん増えているのに、昔っぽさも残っている。今と昔の東京が味わえる場所」と言います。この辺りはこの10~20年で大きく変わり、その変化がとても面白いのだとか。

まずは、都営大江戸線と浅草線が走る蔵前駅から鳥越神社へ。距離にして500mくらいですが、もともと問屋街だったこの周辺には、懐かしいおもちゃ屋や人形問屋、おしゃれなカフェや雑貨屋など様々なお店があります。最近では、職人さんが使わなくなったアトリエや倉庫に若いクリエイターが入るなど、大きな賑わいを見せているそうです。

次は、文房具屋「カキモリ」へ。ここでは、たかみながオリジナルノート作りに挑戦しました。作り方は、最初にサイズと、表紙・裏表紙(全60種類)を選びます。紙も複数選べ、封筒を挟むことも可能。その他、リングや留め具などを選ぶこともでき、とにかく種類が豊富。

「プレゼントを贈る人のことを思い浮かべながら選んだら(作るのがさらに)楽しい!」と言うたかみなは、リスナーへのプレゼントも制作。そして、完成したノートをスタジオで見てみると、「我ながら、すごくおしゃれ!」と大満足していました。

ちなみにこのノートは、使用後にお店に持って行くと、中の紙を入れ替えてくれて表紙のカバーを再利用できるんだそうです。実際、古川さんは長年愛用し、新人のスタッフやライターにプレゼントしているんだとか。

最後は“今の鳥越エリアを象徴するお店”と語るカフェ「T」へ。鳥越界隈はコーヒーショップが多いなか、このお店は紅茶がメインに楽しめて、バリエーションはかなり豊富です。

このカフェはギャラリーを併設しており、同じビル内には雑貨屋さんも入っています。ビルオーナーの塚本太朗さんに話を聞くと、ピアノをモチーフにしたジャズ羊羹に濃いミルクティがおすすめだとか。早速いただいた2人は、「疲れた体にちょうどいい~、散歩した後にカフェに行くのは人生の至福」と感想を述べました。

この日は、蔵前駅~鳥越地区をぶらぶらした「これなにお散歩部」。いろいろなお店に立ち寄ったたかみなは、「新しいものと今まであるものがミックスされていて、これからももっともっと進化していくのを感じました!」と振り返りました。

次回は、どの街を訪れるのか……お楽しみに!

(TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」2019年6月11日放送より)

最終更新:6/11(火) 20:16
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事